ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

2005年以来、6年ぶりの優勝を目指す表純子

国内女子ツアー「ニチレイレディス」の2日目、ベテランの表純子が4ストローク伸ばして通算4アンダーの5位タイに浮上してきた。2005年に2勝を果たした表だが、その後は優勝には縁がなく、07年にはシード権を失ってしまった。しかし、その07年もクオリファイで2位に入り08年はツアーにフル参戦し、昨年も賞金ランキング38位に入るなど安定した成績は残してきた。

今季はこれまで10試合全てに出場しているが、最高順位は「ヨネックスレディス」での17位タイだった。その表が2日間通算4アンダーの5位タイでラウンドしている影には、師匠岡本綾子の存在があった。

岡本は表を含め服部真夕森田理香子青山加織など若手選手のコーチを行っているが、今大会のプロアマ戦が行われた木曜日には、表だけがプロアマに出場せずに練習をしていたことから集中的に指導を受けた。

「6時間ですかね、本当にみっちり見ていただきました。私はテークバックでアウトサイドに引く癖があるようで、インサイドに引くように言われまして。夫にも言われていましたが、私は岡本さんの言うことしか聞かないので(笑)。スイングはだいぶよくなったと思います」と、集中レッスンの成果が早速現れたと話す。

表はスイングだけでなく、岡本から大きな一言ももらった。「まだ、老け込む歳じゃないわよって言われまして。考えてみれば岡本さんが米ツアーで賞金王になったのが36歳でしたよね」と、今年37歳の表は岡本の言葉を噛みしめる。

首位と3打差の7位タイで最終日を迎えることになったが「せっかくのチャンスなので、一打一打を大切に頑張ります」と、6年ぶりの優勝に向けてひと踏ん張りする。(千葉/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。