ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

美香、昨年の悪夢を払拭できるか

昨年と今年の「日本女子オープン」の展開を比べると、奇しくも共通した点が多い。単独首位に宮里美香。2位に4打差をつける独走態勢。7打差で追う横峯さくら・・・。

昨年は、7ストローク伸ばす猛チャージを演じた横峯がプレーオフに進出。一方の美香は「78」と崩れ、悔しさ募る敗北を喫した。優勝したのは、4打差でスタートした宋ボベ。つまりは、メジャー仕様の難コースと、1人が抜けている独走状態のセットは、何が起きるかまったく分からないということ。

<< 下に続く >>

ただ1つ、昨年とは大きな違いがある。1年間を米ツアーで戦い、心身ともに大きな成長を遂げている美香自身の変化だ。テクニカルコーチとメンタルコーチの指導、そして世界最高峰の舞台での経験。昨年の反省を活かし、明日は「アグレッシブさを崩さないゴルフがしたい」と意気込む。その心構えも、「ショットに自信を持っていれば攻めることができる」という、成長への実感があってこそだ。

目標に掲げるのは“Enjoy Golf”。「自分を信じ、ゴルフを楽しむこと」。その目標を最後まで達成できた時、昨年とは別の結果が待ち受けていることだろう。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2010年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!