ニュース

国内女子サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「難しい・・・」 一番の強敵は世界の名匠!?

今週開催の「サイバーエージェントレディス」の舞台である鶴舞CCは、世界的なコース設計家として名高い井上誠一氏の設計。加えて、鶴舞での女子ツアー開催は今回が初めてとあり、ラウンド経験の無い選手がほとんど。プロアマ戦を終えた選手からは、口々に「難しい」という声が溢れ出た。

井上氏の設計と聞いて思い浮かぶのは、ホールの所々に巧妙な罠が潜むコースレイアウトだ。ティショットの落とし所によりセカンド地点からの景色がガラリと変わり、その先には砲台グリーンが待ち受ける・・・。初めてラウンドするという有村智恵も「実際に回ると、コースメモで見る印象とはぜんぜん違う」と第一印象を口にする。

<< 下に続く >>

同じくラウンド経験の無い古閑美保は「井上誠一さんの設計が思い切り出ているコースだと思う。(ショットで)広い方に逃げるとバーディは獲れないし、狭い方を狙って外してしまうとボギーになる」と解説。「私は基本的にあまり攻めないので、安全に行きます」とのプランを掲げていた。

「ラフを伸ばせば、メジャー並のセッティング」と諸見里しのぶが評せば、2週連続優勝がかかる服部真夕も「ティショットで狙った所を狙わないとセカンドが難しい。グリーンも砲台で難しい印象がある」と、やはり一様の反応を見せる。総じて、今週はショットメーカーが活躍を見せるのか、ショートゲームに秀でた選手が有利となるのか。今週は空の上から、井上誠一氏の「さて、どう攻めるのかな」という呟きが聞こえてきそうだ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2010年 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!