ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

しのぶに刺激!上田桃子がベストスコアで4位タイに食い込む

2006/09/10 18:00

「日本女子プロゴルフ選手権」は、宮里藍のスーパースターぶりが改めて証明された大会となったが、最終日「67」のベストスコアで4位タイに食い込んだのは、プロ2年目の上田桃子だった。

この日は5番からの3連続を含む5バーディを奪い、しかもノーボギー。「頑張ったなー、今日」と、充実した笑顔を見せた。シーズンを通してのパーオン率では大山、横峯についで3位につけるなど、ショットには定評がある上田だが、この日はパットが冴えていた。「4日目になってようやくタッチと読みが合ってきた」と最終日は22パットで締めくくった。

<< 下に続く >>

だが、18番で4メートルのバーディパットを外したことを悔しがる。「最終ホール、バーディチャンスだったのに、魅せれなかった。ああいうのを決めるのが、藍ちゃんやさくらちゃん。まだまだつめが甘いと思いました」。

諸見里しのぶと同じく江連コーチに指導を受ける上田だが、諸見里とは同い年の20歳とあってライバル心も強い。この大会では、久々に日本での試合となった諸見里を最後に逆転し「へへっ」と得意そうに笑った。

昨年の新人戦で優勝し、次代を嘱望されているが、ここまで勝利には届いていない上田。来週の「マンシングウェアレディース」がデビュー1周年を迎える節目の大会だ。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!