ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

9ホールの短縮に、ホッと胸を撫で下ろしたのは…

今年の国内女子ツアー「スタンレーレディス」最終日は、濃霧の影響によりスタート時間が大幅に遅れ、決勝ラウンドとしては3年ぶりとなる9ホールに短縮。2位に3打差をつけていた有村智恵にとっては、さらに有利な状況となった。

追いかける後続勢にとって、残り18ホールと9ホールは雲泥の差。3打差の2位でスタートした斉藤裕子は、「結果はどうあれ、18ホールやりたい気持ちはありましたね。9ホールに決まった時点で目標を変え、ターゲットを彼女(有村)ではなく、とにかくアンダーを2ケタにしようと決めました」と、逆転勝利へのプランを早くも書き換えたという。

<< 下に続く >>

また、ハーフ9ホールをイーブンで終えた諸見里しのぶも、「正直悔しいですね。巻き返していくのも半分になってしまうし…」と険しい表情。天気にはかなわないとは言え、順位に関係なく、やはり54ホールを回りたいという気持ちの選手が多かったようだ。

その中にあり、首位と5打差でスタートした全美貞は胸を撫で下ろしていたかもしれない。次週の米国女子ツアー「エビアンマスターズ」に出場する全は、この日の22時近くの飛行機で渡仏を予定。「時間がありません! 飛行機に間に合わない…」と、ダッシュでロッカールームに戻り、足早にコースを後にした。スタート待ちの間、短縮の報を聞くまでは、気が気でなかったことだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2009年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!