ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

メジャーの優勝争いでよもやの失格!その顛末とは?

2007/09/08 20:00

今季初メジャーの「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」大会3日目。白熱の優勝争いの中で、予期せぬ失格事件が起きた。

最終組の一組前で回っていた、浅間生江と大塚有理子、大場美智恵の3選手。9ホールを終えた時点で、首痛を訴えた大塚が棄権を申し出る。大塚はマーカーだった大場のスコアカードに9ホール分を確認したという意味の署名をして、そのカードを新しく大場のマーカーとなる浅間に引き継いだ。残りハーフをラウンドしてアテスト部屋に入った2人は、それぞれのスコアをチェックし、そこにいたボランティア1名とLPGAのルーキーキャンプでアテスト担当となっていた2人に確認をして部屋を出た。

<< 下に続く >>

本来ならば、大場のスコアカードには大塚と浅間の2人のサインが必要なのだが、その事には誰も気付かず、後になってLPGAの担当者がスコア入力の際に署名不備に気付き、競技委員が確認して、ゴルフ規則6-6a.bの違反により失格という裁定が下された。

「棄権が出てスコアカードをチェンジするときに、2名のサインが必要という説明はしていなかった。しかし、ルール自体は選手が知っていなくてはいけないもの」と、説明する競技委員長の森岡陽子氏。大会を主催するLPGAの樋口久子会長も、「最終的には個人の責任」と、プレーヤーの責任を強調した。

やはり割りを食うのは選手になってしまう。「オッケーですって言われたから100%大丈夫だと思って出たのですが…。もう1人のサインが必要なら、誰か教えてくれれば良かったのに…」という大場だが、メジャー大会の高額賞金も、優勝で獲得できる3年シードもふいにしてしまった。

もう1人、責任を痛切に感じていたのは、今大会の予選会を通過して本戦に進み、上位をキープしていた浅間だ。「今はコメントできません。すいません」と涙目で練習もせずコースを早々に後にした。

「経験しないとルールは覚えないもの」とは樋口会長の言葉だが、成績が成績だっただけに、関係者にとっては非常に高い授業料となってしまった。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2007年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!