ニュース

国内女子ヤマハレディスオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

こんなに難しいコースだったかな!?佐藤靖子

2008/04/03 17:16


国内女子の第4戦「ヤマハレディースオープン葛城」が開催される静岡県の葛城ゴルフ倶楽部。所属プロとして藤野オリエがホステスプロを務めるのだが、もう一人、このコースで戦うのを楽しみにしているのがプロ9年目の佐藤靖子だ。

佐藤は高校を卒業してから葛城ゴルフ倶楽部に就職。20歳のときに、ゴルフ歴の浅い佐藤にとっては記念受験のような思いで臨んだ「プロテスト」に受験し一発合格。そしてプロテストに合格後も、葛城で練習を積み試合に出場してきた。

2003年には「日本女子プロゴルフ選手権」で4位に入ると、その後のシーズン後半でも好調をキープしランキング23位で初シードを獲得。翌04年も26位となったが、その後2年続けてシードを逃した。そして昨年30試合に出場し、予選落ちが6回という安定感でシード復活を果たした。

「いやー、ホームコースですからね、試合となると緊張します。もともと難しいコースだとは思っていますが、久しぶりにラウンドすると印象が代わりますね」。佐藤は慣れ親しんだコースの攻略ポイントを確認しながら練習ラウンドを行った。「ここしか知らない時とはコースの難しさとか、感じ方が変わってきましたね」。

プロゴルファーとして、日本中の名門コースや難コースをラウンドしてきた経験から、ゴルフ場の難易度やコースをいかに攻略するかなど考え方の幅が広がったのだろう。大会前日のプロアマでは、葛城特有の強風が吹く中、チームスコア9アンダーをマークし堂々の2位。葛城で育った佐藤が、ゴルフを教えてくれた葛城に、恩返しをするときが来たのかもしれない。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ヤマハレディスオープン葛城




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。