ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフ場は渋滞の宝庫!

2008/06/01 18:32


国内女子ツアー「廣済堂レディス」大会2日目の土曜日は雨のため、ギャラリー数は2,354人。しかし、最終日は晴天に恵まれ8,073人が会場に訪れた。飯島茜が初日に10アンダーというツアー記録に並ぶビッグスコアを出し、2日目も首位をキープ。2打差で中島真弓が追う展開だが、3位以下が大きく差をつけられているため、取材する側も観戦に訪れる側も最終組のスタートする約1時間前にゴルフ場の駐車場が混乱をきたした。

コースの約2キロ手前で大渋滞。そこからコースに着いたのは1時間後のことだった。最寄駅から無料送迎バスを利用する人たちは、バスを降り徒歩でコースへ。この渋滞にはまったのは我々だけではく、前日までの予選ラウンドで僅か1ストローク足りずに予選落ちを喫した青山加織も被害者の1人だった。

最終組の2つ前の組について歩いていた青山は、「お世話になっている、表純子さんの応援に来ました。あの渋滞はありえませんよね!私なんて家から出られなかったんですよ」と憤慨。実は現在青山は、関東での試合の拠点として千葉廣済堂カントリー倶楽部から車で3分のところに家を借りている。駐車場から出ようと思ったら、コースに向かう車の列で道を塞がれ、しょうがなく徒歩で来たというのだ。

最終組は観ないのかと聞くと「とても観れません。人が多すぎです」。確かに最終組のギャラリー数は尋常ではなった。リードを続けた飯島に中島が13番で追いついたから、その数は終盤に進むにつれて膨らんでいった。

前半9ホールを終えたところで、ギャラリープラザに立ち寄り昼食を買おうとしたら、これまた長蛇の列。ギャラリーの行動パターンは共通で、トイレに並んでいる人に聞いたら20分待ちだという。そして最終組が18番でティショットを終えると、この大会恒例のギャラリーはフェアウェイに入れるサービスがある。ショットを打つ選手の10メートル後ろに、4、5重の人垣がじわりじわりとグリーンそばまで移動してくるのだ。

取材する我々は特別にロープ内を歩くことが許されているが、その人垣に飲み込まれそうになり、必然的に選手よりも前を歩かざるを得ない状態となってしまった。そして、締めはホールアウト後。クラブハウス前には選手のサインをもらおうと多くのファンが1列に並んで待っているものだが、優勝した飯島のサインをもらおうと70人以上の人が列を作っていた。70人分もサインをしたら、手が腱鞘炎にでもなってしまわないか心配だ。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。