ニュース

国内女子ニチレイPGMレディスの最新ゴルフニュースをお届け

単独2位の笠りつ子、パー3が怖い!!

2008/06/20 17:21


国内女子ツアー「ニチレイPGMレディス」の初日。雨の中のラウンドで笠りつ子が5アンダーをマークし単独2位につけた。今季、開幕戦から5試合連続で予選落ちを喫した笠は、その後3試合連続で予選を突破。その3試合目となる「クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメントゴールデンスペシャル」では、初日に単独首位に立つと、2日目も首位タイ。最終日も優勝争いに加わっていたが、16番パー3で痛恨のダブルボギーを叩き首位の座を受け渡し、単独3位に終わった。

そして、今大会初日。7つのバーディを奪ったが、後半のパー3で2つのボギーを叩いてしまった。ラウンド後、笠は「悔しい!頭の中はパー3でいっぱいです」。どうやら、7週間前のクリスタルガイザーでの悪夢が、今でも頭から離れないというのだ。「前半のパー3はよかったんですよ。でも後半はダメでした」。

フェアウェイからのアイアンショットは良い感触で、ピン方向も狙って打てているという笠に「では、パー3はティアップせずにティショットをしてみては!?」と言うと、「それも考えたんですけど、気づいたらティアップしているんですよね・・・。ティグラウンドに立つと、余計なことは考えないようにしようとして、逆に意識しすぎてしまうんです」。

オフシーズンには、事務所の先輩でもある男子プロゴルフファーの谷原秀人の合宿に飛び入り参加。体力づくりがメインのトレーニングだったため、笠は逃げ出したくなるような日々だったと振り返る。次の日のトレーニングメニューを聞かされた夜には、次の日が来ないでほしいと思うあまり、なかなか寝付けぬ夜が続いたという。

シーズンに入っても関東地方で試合がある週は、火曜日に都内へ出向き、ハードなトレーニングを行っている。今シーズンに入り、体脂肪は実に7パーセントも少なくなったという。筋力がついてきたので、あとは体重を60キロまで増やすのが目標となった。飛距離も伸び、ショットも良いという笠の今の課題は、パー3でのティショットを克服することだ。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ニチレイPGMレディス




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。