ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

森桜子、プロテストの苦難を超えて

2008/09/05 19:18


「日本女子アマ」のタイトルを2006、2008年と2回獲得し、早くから将来を嘱望されていた森桜子。今年、晴れてプロテストに一発合格し、今週の「ゴルフ5レディス」でプロとしてのツアーデビューを果たした。

その初日。10番ティから記念すべきオープニングショットを放った森は、序盤から周囲を驚かせるバーディラッシュを披露する。前半だけで4ストローク伸ばし、いきなり上位争いに名乗りを挙げ、終わってみれば首位と3打差の6位タイ。華やかにデビュー初日を終えた。

順調にトッププロへの道を歩んでいる森。だが、この日に用意された晴れ舞台に対し、7月末に行われたプロテストでは予想外の苦戦を強いられた。合格ラインぎりぎりとなる19位タイ。ホールアウトした直後は落選も覚悟していた。「プロテストは頑なになっていた部分があったけど、今日は伸び伸びとやれました」と森。「ショットが良くなれば、もっとスコアが伸ばせると思う」と、早くも自信ものぞかせていた。

6位タイは、アマチュア時代に遡ってもプロツアーでは自己最高位の成績。「プロになってゴルフに対する見方が自然と変わりました。もっと上に行きたい気持ちが強くなりました」という。プロテストで苦しみ抜いたからこそ、人一倍プロの厳しさを知り、その自覚が精神的な成長を育んだのだろう。アマチュア時代の栄光に遅れをとらない程の、今後のさらなる成長に期待したい。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2008年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。