ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

新崎弥生、負けて悔いなし!次はミズノを狙います!

2008/09/21 19:38


国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」は、初日が台風の影響を受け、最終日は午後から雷雨に伴う中断となるなど、大荒れの天候となった。試合展開も大混戦となり、不動裕理上田桃子新崎弥生とのプレーオフを制し今季3勝目を果たした。

プレーオフに残った新崎はラウンド後「楽しかったです!」と清清しい笑顔でクラブハウスに戻ってきた。最終日を2位に2打差の単独首位で迎えたが、逃げ切ることができず悔し涙でも浮かべるかと思ったが、新崎らしいさっぱりしたコメントだった。

序盤2連続バーディで10アンダーまで伸ばしていたが、9番でアプローチをミスしてボギー。続く10番では2打目をグリーン左サイドに打ち込むOBで、ダブルボギー。この時点で優勝争いから脱落しかけた。「緊張していなかったといったら嘘になるのかな。9番とか普通ではミスしそうもないところでミスしましたから。ただ、10番でOBを打ったときも焦りとかはなかったですね。チャンスは来ると思っていました」。

この時点で6アンダーまでスコアを落としたが、12番、15番のパー5でバーディを奪い、不動、上田に追いついた。「18番はバーディパットを打つ直前までスコアボード見ていなかったんです。上田さんが9アンダーだと思って、このパットを決めなければと思っていたのですが、チラっと視界に8アンダーで並んでいるのが確認できてしまって・・・。あれを見なければショートしなかったかも!?」。

ツアー優勝はもちろん、プレーオフの経験も無かった新崎だが、最後まで不動、上田と互角に戦った。「今回の成績はこの天候と、最終日も最後まで応援してくださったギャラリーの方々のおかげです」。その屈託のないまっすぐなコメントはプレーにも現れていた。自分を信じ、自ら立てた戦略を貫くゴルフこそ、この成績につながったのだろう。「次の目標はミズノクラシックです」。用品使用契約を結ぶミズノが主催する日本で開催される米ツアーへの出場を狙う。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。