ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

逆転と圧勝 渋野と畑岡が魅せた“8打差”のコントラスト

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前(26日)◇利府GC (宮城)◇6505yd(パー72)

8打差。1ストロークを競うゴルフの世界ではあまりに大きいと言えるが、国内女子ツアーではこの2週間、話題の数字となった。

数字の主(あるじ)は、2週前の「日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯」を制した畑岡奈紗と、前週の「デサントレディース」で優勝した渋野日向子の2人だ。27日開幕の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」では、プロ転向後初めて同組でプレーする。

畑岡の優勝スコアは通算18アンダーで、2位に8打差をつける圧勝劇を演じた。渋野は最終日にツアー史上2番目となる8打差の逆転劇を見せた。

前週は出場せず、茨城県の自宅で過ごした畑岡は「最後の結果を見てすごくビックリした」と驚きを隠せない。渋野は自身のホールアウト後に上位陣が強風に苦しんだこともあり、「先週の優勝は運が良かった。(畑岡の方が)レベルも経験値も上なので、間近で見て勉強できれば」と話した。

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長は「コースによっても異なるため、どちらの“8打差”がすごいという視点では言い切れない。環境や天候にも左右されるもの。ただ追われる側のプレッシャーの方が大きい、という人が多いのは確か」と語った。

圧倒と逆転。内容は異なるとはいえ、ドラマ性がある展開を生み出した2人。畑岡は“直接対決”を前に「相乗効果で良いところに行ければ良い」と意気込んだ。(宮城県利府町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン




特集SPECIAL

2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。