ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大雨でもドリル貫徹 渋野日向子の反復練習に見る強さの秘訣

2019/08/14 18:31


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前(14日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6705yd(パー72)

ポツリポツリと降り出した雨が、突然激しさを増した。大粒の雨が降ったのはちょうど昼時。練習グリーンにいた選手や関係者はそそくさとクラブハウスへ引き揚げた。そんな中、キャディが差した傘の下で一人、パッティング練習を続ける渋野日向子の姿を追う10人ほどのカメラマンが一斉にシャッターを切った。

渋野には2年ほど前から行うパッティングのドリルがある。課題とするグリーン上を克服しようと青木翔コーチと始めた。1m、1.5m、3mといった具合にカップに対して徐々に距離を伸ばしながら円を描くように9本のティを刺す。7本決まれば終わり。仮に3本目を外せば、その瞬間、ゼロからやり直す。

始めた当初は3時間かかったこともある。当時主戦場にしていた国内下部ステップアップツアーで戦っていた頃の話だ。青木コーチによると「前は3、4本目くらいから急に入らなくなる。数時間かかることもあった。周りは暗くなっていました。でも、いまは30分程度で終わるようになったんです」という。

ドリルは、2週間前の「AIG全英女子オープン」でも欠かさなかった。単独首位で午後7時過ぎにホールアウトした3日目は30分ほどで終了させた。最後は5mを3本連続で決め、笑顔のガッツポーズで締めた。1本でも外せば、振り出しに戻るところだったが、そのまま雨に濡れたウェアに上着を羽織ってTVインタビューに向かい、「これくらいの雨なら、試合もやるじゃないですか。いったん止めちゃうとやる気なくなっちゃう。だから終わらせました」と平然と言うと、にこりと笑った。

今季国内ツアーの渋野のスタッツは、パーオンホールの平均パット数が3位(1.7660)、1ラウンドあたりの平均パット数が6位(29.0328)。メジャー制覇の裏には幸運に救われたホールもある。すべてがかみ合ったというのも事実だ。ただ地味に見える反復練習、さらにそれをこなし続ける忍耐力が、42年ぶり2人目の快挙へ導いたことも確かなはずだ。(長野県軽井沢町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。