ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

技と心が導く ベテランのメジャー覇者たちが上位で決勝へ

2014/06/06 20:01


今季の国内メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」はコースレート77.4と日本屈指の難コース、ゴールデンバレーGCで開催されている。開幕前は「アンダーパーの選手は数人出るかどうか」と、倉本昌弘PGA会長が予想していたが、18選手が通算アンダーパーで予選2日間を終えた。

しかし、ここまでの結果はピン位置を決める責任者、PGAの平野浩作氏の想定内。「今日はバーディを獲りやすい位置にピンを切っています。メジャーですから決勝ラウンドは厳しいセッティングにしますよ」。選手たちに攻め方のメリハリを付けさせるため、この日はあえてスコアが出やすいように設定したという。

とはいえ、コースレイアウトそのものが複雑で、ピン位置に関係無く難易度は高い。予選カットラインは、今季ワーストの通算4オーバー。この状況に46歳の谷口徹と45歳の手嶋多一が通算5アンダーの3位タイ、46歳の深堀圭一郎も通算3アンダーで9位タイにつけている。

「コースに着いて初めてラウンドした時、谷口さんに合ったコースだと思いましたね。ベテラン向きのコースですよ。無理はしないし、池にも入れずアプローチの技を持っている選手が上に来る。ピンが(左右に)振ってあっても無駄なボギーを打たないし、悪くてもボギーで踏ん張る」。この日ノーボギーで4ストローク伸ばした手嶋多一は、そう分析する。

この日、3ボギーを叩きながらも、6つのバーディで3アンダーまでスコアを伸ばした深堀も「いくつかピンチはあったけど、要所でしっかりプレーできた。グリーンはピンと同じ面を捕らえていれば、なんとかなる。決勝はさらにピンを振ってくると思うので極力無駄なボギーを打たないようにしたい」と、決勝ラウンドでの協会の目論みを読んだ。

手嶋は2001年、深堀は03年、そして谷口も07年に日本一過酷なセッティングで戦う「日本オープンゴルフ選手権競技」を制している。ボギーを覚悟したラウンドの中でも、ショットや小技でチャンスを生かすベテランは、挫けない精神力にも長けている。(兵庫県西脇市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。