ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

12時を回ったシンデレラボーイ 河野晃一郎

山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開催されている国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」2日目。トップから予選通過を果たした62選手が7打差以内にひしめく大混戦の中、ツアー1勝の河野晃一郎が通算3アンダーの5位と好位置につけた。

初日を「69」でまとめ10位タイと好スタートを切った河野は、この第2ラウンドでも堅実なプレーを持続。3番(パー5)、4番と1メートルにつけたチャンスをきっちりと活かし連続バーディ。その後ボギーを2つ叩いたが、後半は1つスコアを伸ばして「70」とし「完璧です。出来すぎです」。トレードマークの笑顔はこの日も満開だった。

だがその言葉には、有り余るほどの謙虚さでいっぱいだ。「同じ組の宮本(勝昌)さん、(池田)勇太が、良い感じで回っていて。2人はトッププレーヤーだから、こっちも気合が入る」。「今日のピンポジションは難しかった。世界に出て行く若手のためにはあれくらい厳しい方が良い」。どこか自分と“彼ら”との間に一線を引いたような心情が見て取れる。

昨シーズン、10月末の「マイナビABCチャンピオンシップ」でツアー初勝利を挙げた。いまや米ツアーメンバーとなったベ・サンムン(韓国)を6ホールにわたるプレーオフで下し、一躍ヒーローになった。ところが今季はここまで12試合中8試合で予選落ち。7月の「セガサミーカップ」では2日間で通算20オーバーを叩いて予選落ちした。周囲の先輩選手たちからは、いつしか「お前はシンデレラ」と呼ばれるようになった。

思えば、苦悩の始まりは開幕前のオフ。「もっと自分にはできるという感じで過信してしまった」と、さらなる飛躍のために美しいスイングを求め、バランスを崩した。「自分の気持ちに油断があった。精神的にも切れてしまってゴルフが続かなくなってしまった」と新シーズンの悪循環を引き起こしただけ。マグレで78ホールにわたる激闘を勝ち抜けるわけは無い。ただ、悲願の1勝で、未熟な部分には自然と目が向かなくなっていた。

しかし「いまは、僕はそんな選手じゃないと思うようになった」と言った。このフジサンケイクラシックとは縁がある。東京都出身だが12歳のときから20代中盤まで山梨県に在住。3年前、ローカル競技の「山梨県オープン」を制して同大会の出場権を獲得し、15位タイの成績を残した。コース関係者はほとんどが顔見知り。次々と応援に駆けつける知人は増え「ここに帰ってくるとホームだなと思える」。

トップとは2打差と好位置で決勝ラウンドに進んだ。だが「まだまだ優勝を意識するようなゴルフではないので、ちょっとずつ、ちょっとずつ、この試合をきっかけに後半戦を頑張りたい」と身の丈にあった戦い方を続けるつもり。シンデレラボーイにかけられた魔法は解けてしまったけれど、等身大の自分の姿は取り戻した。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2012年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。