ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

コロナ禍でプロゴルファーに何ができるか 34歳・男子プロの場合

2020/11/13 19:35


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(13日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年の国内男子ツアーは開催試合が当初予定されていた25大会から6大会に減少した。プロゴルファーの多くが本来の職場を失った事実に間違いはないが、彼らの仕事すべてがトーナメントだけにあるとは限らない。

<< 下に続く >>

34歳の小林伸太郎はこの7月以降、自分の練習に打ち込む傍ら、多くのアマチュアを“指導”していた。用具契約を結ぶ本間ゴルフが展開する東北、関東の小売店に足を運び、延べ8日にわたって一般ゴルファーのクラブフィッティングのアドバイザーを務めた。

「僕はフィッティングに自信を持っている」と自負がある。ギアへのこだわりが強く、かつて中古ゴルフショップチェーンがスポンサーだった時期もあるほどだ。「アマチュアの方を見ていると、本当はもっと飛ばせるのに…と思うことが多い。自分のショットのスピン量、高さの適正を理解されていない方がたくさんいる。僕のフィッティングは『普段、お使いのボールは何ですか?』が始まります。そうでないとクラブは合わせられないので」

プロゴルファーは大会での賞金だけでなく、企業や個人と結ぶスポンサー契約料も収入の多くを占める。契約にはプロ側の義務として「拘束日」が盛り込まれるケースが多く、試合のない期間にスポンサーのプロモーションイベントに出席したり、懇親会に参加したり、トップ選手であれば企業のCM撮影などにも充てられる。

今回、小林のフィッティング行脚は“ボランティア”だった。「いいんですよ、別に。普段から本間さんには無理難題を押し付けているので(笑)。僕たちは持ちつ持たれつの関係。こういう状況だからこそ、皆さんのためになること、恩返しが大切かなと」

各日8人のゴルファーを相手に1人30分ずつ、感染対策を施したうえでプロならではのアドバイスを送った。そのうち8割以上の参加者の同社製品の購買につながったというから、サービス精神はもとより、その“営業力”にメーカー関係者が感謝したのもうなずける。

多くの人の生活基盤を脅かす未曾有の事態に陥ったとき、アスリートは存在意義さえ問われることがある。プロゴルファーとしていま何ができるか。数少ない試合で活躍する、そのために腕を磨くという“本分”だけで周囲の期待に応えられているのか、と悩む選手もいる。

「ゴルフという競技はどのスポーツよりも、アマチュアの方に支えられている競技だと思う。アマチュアがいるから僕はプロとしてやっていける。大会も一般のアマチュアの方が開催してくれている」。観戦する人がプレーヤー目線で、プロの心理を共有したり、技術やメンタルを尊敬したりできる数少ないスポーツかもしれない。小林はそんな、観る人との接点の多さに、ゴルフ人気の上昇、ひいては男子ツアー復興へのヒントもあるとみる。

「ゴルフは三密が避けられるスポーツ。コロナ禍で前年よりも売り上げが伸びたゴルフ場もある。ゴルフにとっては逆にチャンスになる部分もあるはずです。もっとメジャーなスポーツになってほしい」というのが願い。プロゴルファーとしてのあり方を、いまも自分に問うている。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2020年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!