ニュース

欧州男子ISPS HANDA ヴィックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「最後まで分からなかった」予選落ちの石川遼はライン読みに苦悩

2019/02/08 18:39


◇欧州男子◇ISPS HANDA ヴィックオープン 2日目(8日)◇13th ビーチGC(オーストラリア)◇ビーチコース(6796yd/パー72)/クリークコース(6940yd/パー72)

ビーチコースで「72」と伸ばせなかった石川遼は通算2オーバーの140位タイ。前日の152位タイから巻き返せず、予選落ちを喫した。異なる2コースを回った予選2日間は、グリーンのライン読みに苦しんだ。

パット後、自らのラインを読み直す姿があった。「最後まで分からなかったですね…」。前日のクリークコース同様、カップ付近で微妙に曲がるラインに惑わされ、この日1バーディにとどまった。「最初に分からなくても、普段は9ホールくらいでなんとなく分かってくる。18ホールを通して、分からなかったのはあまりない経験」と振り返った。

海沿いからの乾いた強風を想定し、グリーンは重く設定されていた。芝の状態で不規則な転がりも出た。「スピードも多少遅くなっていた。(ラインなどの)読みが合っている選手がスコアを伸ばしていると思う」。昨季国内ツアーで平均パット数2位になった自身のストロークは「悪くはなかった」とし、「あう、あわないがある。これで打ち方が悪いと思うとドツボにはまってしまう。そこは気をつけた。ただラインを読み切れなかったことは、次につなげたいかなと思う」と述べた。

昨年末に6年ぶりに変更したアイアンは「なかなかつかなかった。けど、きのうよりは良かったと思う」と少なからず前進を感じ、強風の中「ドライバーも良かった。2日間ほとんど曲がらなかったのは収穫」とティショットの手応えを口にした。

現時点で次戦は、推薦出場する欧州ツアー「メイバンク選手権」(3月21日~/マレーシア・サウジャナG&CC)の予定。前年5位の大会に向け、「いままでは(パットが入らない流れで)もっと崩れていたと思う。特に何かを変えることはない。良い練習をしていきたい」と話した。(オーストラリア・バーウォンヘッズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ISPS HANDA ヴィックオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。