ニュース

欧州男子アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ついに吹き荒れた強風 谷原秀人は後退も「良い勉強」

2018/07/15 07:35


◇欧州男子◇アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン 3日目(14日)◇ガレインGC(スコットランド)◇7133yd(パー70)

7アンダーの15位タイから出た谷原秀人は4バーディ、2ボギー2ダブルボギーの「72」で回り、通算5アンダーの47位タイに後退した。コースレコード「61」をマークした翌日は強風に翻弄された。

<< 下に続く >>

トップと6打差にいた谷原は第2打をピンそば20㎝につけた5番までに2バーディとしながら、8番で3パットボギーをたたいた。「最初(バーディパット)がスライスしていって、返しもスライスした。油断していたんでしょう。(ラインを)しっかり読んでいなかった。距離がそんなになかったので」と勢いがそいだ。

穏やかな天候に包まれた予選ラウンドとは違い、スコットランドのリンクスはこの日、ついに牙をむいた。エジンバラの東、イースト・ロージアン地方の風速は前日までの2日間で3m/s前後。この日は時間の経過とともに強くなり、午後6時の時点で7m/sを記録した。しかも風向きはウィークデーとは真逆の南西から。

谷原は9番の1Wショットをフェアウェイ右サイドのポットバンカーに入れたのをきっかけにダブルボギー。「(第1打のバンカーは)250ydくらい打てば全然関係ないと思っていた。良い球を打ったし。他の国ではここまで流されることはない。やっぱり海風だから重い」。13番では、2打目がグリーン左サイドのベアグラウンドまで転がり、砂利の上からのアプローチをミス。4オン2パットで2つ目のダボを喫した。

優勝争いからは脱落したが、「良い勉強になった」と振り返る。終盤16番(パー5)からは2連続バーディを決めて盛り返した。

17番(パー3)、同組のジャスティン・ローズ(イングランド)が先に打ったティショットは右からの強風でグリーンのはるか左へ。直後に谷原はピン右8mをとらえてチャンスをものにした。「『ジャスティン、ありがとう』って感じ。あれもクラブをカット気味に入れたけれど、右から戻ってきた。来週に向けても、あしたに向けても、きょう分かって良かった」。次週は同じスコットランドでの「全英オープン」。最終日も、メジャーへの絶好の準備期間になる。(スコットランド・ガレイン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!