ニュース

欧州男子ISPS HANDA ワールドスーパー6パースの最新ゴルフニュースをお届け

キャディバッグがない!ロストバゲージの宮里優作はプロアマ18ホールだけで本番へ

2018/02/07 20:25


◇欧州、アジア、豪州共催◇ISPSハンダ ワールドスーパー6パース 事前情報(7日)◇レイクカリーニャップCC(オーストラリア)◇7143yd(パー72)

年明けの「ソニーオープンinハワイ」から5カ国5連戦目の宮里優作は「疲れはない。全然大丈夫です」と、プロアマ戦で精力的な調整に励んだ。前週の開催国マレーシアからキャディバッグやスーツケースが届かないハプニングにも見舞われ、開幕前は1ラウンドをこなしただけで試合に臨むことになった。

前週4日(日)に「メイバンク選手権」を終えると、その足で空港に向かった。夜の便に乗り込み、シンガポールを経由して翌5日(月)にパースに到着した。しかし、肝心な荷物が6日(火)の夕方まで届かず、「この2日間は何もできなかった」とホテル待機を余儀なくされた。「調整は少し遅れている感じはあるけど。でも海外ではよくあることだから。しょうがない」と苦笑した。

一方で、プロアマ戦を終え「良いコースだし、回った感じ(で調子)はけっこう良い。イメージも出ている」と、うなずいた。決して距離は長くないが、アップダウンの激しいコースはセカンドショットが打ち上げになるホールが多い。「100yd以内の精度の勝負になると思う。ショートゲームがうまい人が上に行きそう」と分析した。

上位24選手の進む最終日は6ホールのマッチプレー形式でタイトルを争う。「そういう意味でも初日からすごく大事になってくる。あんまり無理せずに、ボギーをたたかないゴルフをしたい。最後(最終日)に残れるように3日目までのスコアも意識しながら、やっていきたい」と話した。(オーストラリア・パース/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ISPS HANDA ワールドスーパー6パース




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。