ニュース

欧州男子ボルボ スカンジナビアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

欧州ツアー ボルボ・スカンジナビアマスターズ 最終日

最終日の首位グループは3人でのスタート。学生の最優秀選手に贈られる「フレッド・ハスキンス賞」を受賞し、半年前にプロ転向した23歳のグレーム・マクドウェル、地元の英雄ニクラス・ファス、そしてジェフ・スルーマンだ。スルーマンは、友人であるスウェーデンのパーアリック・ヨハンソンの結婚式に出席するついでに試合にも参戦している。

そのスルーマンは、12番までに13アンダーとし、ファス、トレバー・イメルマンと並び、首位のマクドウェルに1打差まで詰め寄った。その後、一進一退の攻防が続き、ファスとイメルマンが脱落する中、マクドウェルが単独首位で先にホールアウト。1打差で2位につけていたスルーマンだが、最終ホールで痛恨のボギーを叩き、グレーム・マクドウェルがツアー初優勝を決めた!

ちなみにスルーマンが出席した結婚式の新郎、ヨハンソンは通算2アンダーで38位タイ。ディフェンディングチャンピオンで同大会4勝が掛かっていたコリン・モンゴメリーは、3日目に74を叩いて通算5アンダーの25位タイに終わった。

◇最終結果
1位(-14):グレーム・マクドウェル
2位(-13):トレバー・イメルマン
3位(-12):ヘンリック・ビヨーンスタッド
3位(-12):ジェフ・スルーマン
5位(-11):カール・ペターソン
6位(-10):アダム・スコット
6位(-10):ニクラス・ファス

関連リンク

2002年 ボルボ スカンジナビアマスターズ

  • 2002/08/01~2002/08/04
  • 優勝:G.マクドウェル
  • 賞金総額:1,925,542
  • Kungsangen Stockholm(スウェーデン)



特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~