ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「マスターズ」で知っておくべき5つのこと

2019/04/09 19:15

メジャー初戦の「マスターズ」開幕まであとわずか。今年の大会についておさえておくべき5つの事柄は次の通りである。

フィールドの新顔たち

今年は5人のヨーロピアンツアーメンバーが初めてオーガスタナショナルでティアップする。晴れて「マスターズ」出場を決めたルーカス・ビェルレガードジャスティン・ハーディングエディ・ペパレルマット・ウォレス、そしてアフィリエイトメンバーのアーロン・ワイズは、今季メジャー初戦で大会デビューを飾ることになった。

ビェルレガードはジャスティン・トーマス、ウォレス、そしてメジャー14勝のタイガー・ウッズを撃破した「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」で4位という好成績に自信を深めてオーガスタでティオフする。

イングランドのペパレルとウォレスは、ともに好成績を残した2018年シーズンを経てマグノリアレーンを通り抜ける。昨年、ペパレルは「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」と「ブリティッシュマスターズ」を制してシーズン2勝を挙げ、ウォレスは「ヒーローインディアンオープン」、「BMWインターナショナルオープン」、そして「メイド・イン・デンマーク」を制覇してシーズン3勝を挙げた。

ハーディングはここ1年間、ヨーロピアンツアー初優勝を遂げた3月の「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」の勝利も含めワールドワイドで5勝。デビュー組最年少となる22歳のワイズは、昨年の「WGCブリヂストンインビテーショナル」でヨーロピアンツアー自己最高位となる6位タイに入った。

グリーンジャケットと世界ナンバーワンの同時達成は?

現在、公式世界ゴルフランキングでトップ5に位置する選手たちには、オーガスタで勝つと数学的に世界ナンバーワンの座が手に入るというボーナスがついてくる可能性がある。今現在世界ナンバーワンの座についているのはジャスティン・ローズだが、状況的に複数の選手が「マスターズ」での優勝でその座を手にすることができる見通しだ。

先週まで世界ナンバーワンだったダスティン・ジョンソンは現在世界ランキング2位につけ、世界3位には2019年シーズンの好スタートで8位からジャンプアップしたロリー・マキロイがつけている。ブルックス・ケプカジャスティン・トーマスの米国人コンビは世界4位と5位につけており、この2人もオーガスタでの勝利で世界ナンバーワンに返り咲くチャンスがある。

連覇なるか

2018年の「マスターズ」王者であるパトリック・リードは今週、歴史的に達成回数の少ないオーガスタでのタイトル防衛を目指して大会に臨むことになる。28歳のリードは昨年、最終日にリッキー・ファウラージョーダン・スピースの猛追をかわしてメジャー初制覇を遂げた。仮に彼が2019年も勝つことになれば、「マスターズ」連覇はメジャー14勝のタイガー・ウッズが2001年と2002年に大会連覇を果たして以来の偉業となる。

これまでタイガー以外では、ニック・ファルド(1989年と1990年)とジャック・ニクラス(1965年と1966年)が「マスターズ」でのタイトル防衛に成功している。

「レース・トゥ・ドバイ」上位陣が揃い踏み

今週は「レース・トゥ・ドバイ」の上位4人がそろってオーガスタナショナルでティアップする。現在、年間ランク首位に立つのは今季の「ロレックスシリーズ」初戦だった「アブダビHSBC選手権」を制したシェーン・ローリーで、「マスターズ」デビューを果たした2017年以来となるオーガスタ再訪を果たす。

一方、現在2位のルイ・ウーストハイゼンは11年連続の「マスターズ」出場を果たす。「コマーシャルバンクカタールマスターズ」でヨーロピアンツアー初優勝を飾り、現在「レース・トゥ・ドバイ」で3位につけるジャスティン・ハーディングは、「マスターズ」デビューを飾ることとなり、同4位でヨーロピアンツアー12勝のイアン・ポールターは念願のメジャー初制覇を目指してティアップする。

25周年

2019年の「マスターズ」は、1994年にホセ・マリア・オラサバルが初めてグリーンジャケットを獲得してから四半世紀の節目となる。当時、スペインのオラサバルは第1ラウンドで「74」をたたくも、その後は「67」「69」「69」をマーク。瞠目の盛り返しを見せて、通算7アンダーでフィニッシュした米国のトム・レーマンに2打差をつけて優勝した。

1980年と1983年に「マスターズ」を制覇した偉大なるセベ・バレステロスに次ぐ2人目のスペイン人「マスターズ」王者の誕生。オラサバルは同胞にして友人であり、「ライダーカップ」でチームメイトだったバレステロスにもらった言葉が、大会を制する上で大きな励みと自信を与えてくれたと明かした。その後、オラサバルは通算8アンダーでフィニッシュした1999年大会も2打差で優勝し、2着目のグリーンジャケットを手に入れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。