ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

「全米プロゴルフ選手権」で知っておくべき5つのこと

2021/05/19 18:03

「全米プロゴルフ選手権」がサウスカロライナ州・キアワアイランドゴルフリゾートオーシャンコースで開催されるのは、ロリー・マキロイが大会を制覇した2012年以来となる。同大会について知っておくべき5つの事柄は次の通り。

メジャー史上最長コース

ピートとアリス・ダイにより設計されたキアワアイランドのオーシャンコースは、今週メジャー最長コースとして歴史にその名を残すことになる。

<< 下に続く >>

全長7886ydでのプレーとなる今週のコースは、これまで記録を持っていた2017年「全米オープン」開催コースのエリンヒルズを135yd更新することになる。

2.5マイル(約4キロ)に及ぶサウスカロライナのビーチに造られた同コースは、その美しさにより知られているが、2012年「全米プロゴルフ選手権」では試練として選手の前に立ち塞がり、パー72の平均スコアは74.6となった。

オーシャンコースは1991年開場ながら、すでに豊かな歴史を持っている。その年の「ライダーカップ」のために造成された同コースでは、2007年「全米シニアプロゴルフ選手権」や「ゴルフワールドカップ」などが開催されている。

前回のキアワアイランド開催

キアワアイランドで「全米プロゴルフ選手権」が開催されるのは、ロリー・マキロイが8打差で大会を制覇し、メジャー2勝目を挙げた2012年以来となる。

前回は天候に左右された大会となり、優勝した北アイルランド人選手は、日曜の朝に第3ラウンドを終えた。その後、彼は最終ラウンドで「66」をたたき出して8打差で大会を制覇し、ジャック・ニクラスが保持していた「全米プロゴルフ選手権」での最大優勝差を更新するとともに、世界ナンバーワンへ返り咲いた。

最近、米PGAツアーで優勝を遂げた32歳は、今週のフィールドで2012年大会にも出場した18人の欧州ツアーメンバーの一人として「全米プロゴルフ選手権」に臨むことになる。

その年、トップ10には欧州勢7人が入っているが、これには2位に入ったデービッド・リン、そして3位タイに入ったイアン・ポールタージャスティン・ローズ、そしてカール・ペターソンが含まれる。

コリン・モリカワの防衛戦

コリン・モリカワには大会連覇がかかる。昨年は16番でタイムリーなイーグルを奪い、ポール・ケーシーダスティン・ジョンソンに2打差をつけてメジャー初制覇。同大会初出場で大会制覇を果たした史上9人目の選手となった。

そして、ここ最近、実戦から遠ざかっているものの、モリカワは好調を維持したままキアワへとやって来る。彼はザ・コンセッションでの「WGCワークデイ選手権」で、世界ゴルフ選手権初制覇を果たし、4月の「マスターズ」でトップ20入りしているほか、今季はそれ以外でもトップ10入りを4度果たしている。

大会デビュー組

今週、キアワアイランドでは、欧州ツアーの選手5人がメジャーデビューを果たすことになる。

ジョン・キャトリンは4月「オーストリアオープン」を制すなど、4月の時点で「全米プロゴルフ選手権」への出場権を手にした。

それに続く形でギャリック・ヒーゴは3週間にわたるカナリア諸島シリーズで2勝をあげ、世界ランキングでトップ100圏内(51位)に入り、今大会の出場権をゲットした。

さらには今季欧州ツアーで優勝しているフランスのアントワン・ロズナーと南アフリカのダニエル・バントンダーも、世界ランクをそれぞれ74位と79位に上げたことで、今週のフィールド入りを実現させた。

カル・サモーアもカナリア諸島シリーズでの好成績を今大会への出場につなげており、テネリフェでの2週間で3位タイと9位タイに入ったことで、今週のフィールド入りを果たした。

以上の5人はメジャー初出場となるが、彼ら以外にも今週は複数の欧州ツアーメンバーが、「全米プロゴルフ選手権」初出場を果たすことになる。そのリストに名を連ねるのは、最近優勝を遂げたディーン・バーメスターを筆頭にアーロン・ライトーマス・デトリージェイソン・スクリブナーラスムス・ホイゴーサム・ホースフィールドサミ・バリマキ金谷拓実、そしてウィル・ザラトリスと言った面々である。

メジャーの歴史に距離計測器が登場

今週のキアワアイランドでは、メジャー史上初めて距離計測器の使用が認められることになった。

今大会を皮切りにPGAオブ・アメリカが主催する「全米シニアプロゴルフ選手権」と「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」でも距離計測器の使用が認められる。これはプレー速度の向上を目的として、2月に発表された。

PGAオブ・アメリカ会長のジム・リチャーソンは「我々は選手権におけるプレーの流れを向上させる方法に、常に興味を持ってきました」と話した。

「距離計測器の使用は、すでにこのゲームにおいて一般的となっており、今やゴルフルールの一部でもあります。もうずいぶん前から、選手やキャディたちも練習ラウンドにおいて、関連性のあるヤーデージを収集するために距離計測器を使用してきました」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米プロゴルフ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!