ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

砂浜のコースで再び“バンカーはゼロ” 「全米プロ」9年前のルールを採用

◇メジャー第4戦◇全米プロゴルフ選手権 事前情報(18日)◇キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース (サウスカロライナ州)◇7876yd(パー72)

大西洋に面したキアワアイランド・オーシャンコースはピート・ダイ、アリス・ダイの夫妻が砂浜につくった18ホール。グリーンサイドやフェアウェイ脇には人工のバンカーがいくつも口を開けているが、今大会ではそれらを“バンカーと認めず”、選手はどの砂地からでもソールして打つことが可能だ。

<< 下に続く >>

前回当地で行われた2012年大会で採用されたローカルルールで、すべての砂地をフェアウェイやラフと同じ「ジェネラルエリア」と定義する。砂地とバンカーとの境界線があいまいで、処置の判断が難しいのが理由だ。

大会実行委員長のケリー・ヘイグ氏は「前回大会のように砂地はバンカーではないと全選手にお知らせした。これにより、選手は砂地からも練習スイング(地面にクラブをつけて素振り)ができる」と明らかにした。加えて「ただし、ボールが埋まってしまっても救済はない」としている。

この“バンカーなし”のローカルルールは過去の同大会で起こったトラブルを発端に設定された。ミシガン湖沿いのウィストリングストレイツで行われた2010年、ダスティン・ジョンソンは最終日の最終18番で放ったバンカーからのショットをウェイストエリアからと勘違いし、クラブを砂につけてからスイング。ホールアウト後に2罰打が加わり、プレーオフ進出を逃した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!