ニュース

米国男子WGCワークデイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

「WGCメキシコ選手権」開催地変更 フロリダのザ・コンセッションGCとは

2021年「WGCメキシコ選手権」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動の困難から、2月25日から28日にかけてフロリダのザ・コンセッションGCで開催されることが決まった。

新たに開催コースに指定された同コースの名称は、ゴルフの歴史において最高のスポーツマンシップだったといわれる出来事に由来しており、ともにゴルフの殿堂入りを果たしたジャック・ニクラスとトニー・ジャクリン(イングランド)によって設計された。

<< 下に続く >>

ニクラスは、1969年の「ライダーカップ」(欧州選抜と米国選抜の対抗戦)の最終ホールで、ジャクリンが残した60㎝のパットをコンシードした。この“ザ・コンセッション”として知られる振る舞いにより、同大会はライダーカップ史上初の引き分けとなった。

その結果、米国代表は防衛に成功したわけだが、その年の「全英オープン」王者だったジャクリンがパットを外していれば、勝利でのカップ防衛となっていた。

ジャクリンは後年、そのときのことについて、ニクラスから「私は君があのパットを外すとは思わなかったが、あのような状況で君にあのパットを打たせようとは思わなかった」と言われた、と振り返っている。

「2022年には大会をメキシコへ戻すよう努力しますが、フロリダ州で最高のコースの一つとして名高いザ・コンセッションGCでの大会開催を実現させた関係者全員の協力に感謝します」と、PGAツアーのタイ・ヴォータウ国際部執行副社長は述べた。

ザ・コンセッションは開場した2006年に、米ゴルフダイジェスト誌により「最高の新しいプライベートコース」と評された。2015年には「全米オープン」王者のブライソン・デシャンボーが、このコースで全米大学選手権の個人タイトルを獲得している。

「これはザ・コンセッションにとって、世界ゴルフ選手権のようなレベルの大会の開催コースとして、このクラブの唯一無二のレイアウトと豊かな歴史を世界の視聴者にお見せするまたとない機会です」と、ザ・コンセッションGCのブルース・キャシディ会長。

さらに「我々には過去に高名な大会を開催してきた経験があります。このコースが世界最高峰の選手たちに厳しいながらも忘れ難いゴルフの試練を与えることを確信しております」と述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCワークデイ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!