ニュース

欧州男子ゴルフシックスの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 ゴルフシックス
期間:05/06〜05/07 センチュリオンクラブ(イングランド)

6ホールにエンタメ要素を凝縮!「ゴルフシックス」はこんな大会

■大会方式

今週開催の「ゴルフシックス」の導入により、欧州ツアーは新たな領域へと移行することになる。これはゴルフではあるが、皆の知っているゴルフではない。

チーム戦によるマッチプレーが2日間にわたり行われる今週末のロンドンは、興味深いことになるだろう。

4日間をかけた72ホールのストロークプレーという伝統的な方式ではなく、今大会はグリーンサム方式が採用されるので、チームで良かった方のティショットを選択し、その後はそのボールを交互に打ってホールアウトすることになる。

土曜のグループリーグでは、UFEAチャンピオンズリーグにように、4チームが4グループに分かれて総当たり戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントへと進出する。日曜には、準々決勝、準決勝、3位決定戦、そして決勝戦が行われる。

■フィールド

「ライダーカップ」のチームメイトであるクリス・ウッドアンディ・サリバンは、イングランド代表としてタッグを組み、第1シードとして第1回「ゴルフシックス」に出場する。

フランス代表は先週の「ボルボ中国オープン」で欧州ツアー4勝目を挙げた目下絶好調のアレクサンダー・レビーとグレゴリー・ボーディがコンビを組む。

出場32選手中、19選手は、これまでにプロレベルの大会で国を代表してプレーした経験を持っている。今回出場するチームで、初めてプロとしてチーム戦をプレーする選手同士がコンビを組むのはスウェーデンと米国の2チームのみであり、ブラッドリー・ドレッジ(2005年ワールドカップ)、マーク・ウォーレン(2007年ワールドカップ)、そしてトービヨン・オルセン(2016年ワールドカップ)の3人は2人一組のチーム戦で優勝した経験を持っている。

1. イングランド:クリス・ウッドアンディ・サリバン
2. タイ:トンチャイ・ジェイディーキラデク・アフィバーンラト
3. 豪州:サム・ブラゼルスコット・ヘンド
4. 南アフリカ:ダレン・フィチャートブランドン・ストーン
5. デンマーク:トービヨン・オルセンルーカス・ビェルレガード
6. フランス:アレクサンダー・レビー、グレゴリー・ボーディ
7. スペイン:パブロ・ララサバルアレハンドロ・カニサレス
8. ウェールズ:ブラッドリー・ドレッジジェイミー・ドナルドソン
9. 米国:ポール・ピーターソンデービッド・リプスキー
10. オランダ: ユースト・ラウテン、レイニール・サクストン
11. ベルギー:ニコラス・コルサーツトーマス・デトリー
12. スウェーデン:ヨハン・カールション、ヨアキム・ラガーグレン
13. インド:SSP.チャウラシアSチッカランガッパ
14. ポルトガル:リカルド・ゴウベイアジョゼ・フィリペ・リマ
15. イタリア:マッテオ・マナッセロレナート・パラトーレ
16. スコットランド:リッチー・ラムゼイマーク・ウォーレン

■開催コースと使用ホール

ロンドンの北西、セントアルバンズ付近に佇むセンチュリオンクラブは、サイモン・ギドマン設計による2013年開場のコースである。ラフなどの大部分は地元産のフェスキュー芝に覆われており、近年はリンクス特有の雰囲気を高めるため、グリーン回りやフェアウェイにもこのフェスキューが追加された。

各ホールのティは、80個のバンカーと4つの大きな池が配された景観が望めるよう、フェアウェイよりも高い位置に配置されており、これら全てのハザードは、注意深いプレーの組み立てにより回避することができるようになっている。

今週、選手たちは以下の6ホールで形成される大会仕様に改修された全長2276ヤード、パー24のコースをプレーする。

<ショータイム>
全ては1番ティの経験次第である。ここで、選手たちは音楽と打ち上げ花火とともに入場する。ギャラリーはグランドスタンドに陣取り、ティとグリーンの両方には大画面が設置される。

<バーディは世のために>
ここでは欧州ツアーのチャリティ精神が主役となる。2番ホールでバーディが記録されると、チャリティへの寄付、そしてギャラリーへのプレゼントが行われることになる。

<パワー>
525ヤードの3番ホールでは、リーダーボードがドラコン成績表へと転じるため、選手たちは自慢のパワーを誇示する機会を得ることになる。

<ショットクロック>
4番ホールの本質はプレーの速度となり、設置されたショットクロックが各ショットに対し、40秒のカウントダウンを行う。グリーン、フェアウェイ、そしてティにデジタル時計が設置され、制限時間内にショットを打たないと1罰打が加算される。

<精度>
5番ホールでプロフェッショナルたちは、ピンに寄せる精度が試されることになる。また、ここではジェイムソンアイリッシュウィスキーバーにて観戦することもできる。

<フィナーレ>
1周6ホールの最終ホールでは試合後にインタビューが行われる。日曜に試合がプレーオフへ持ち越された場合は、このホールの特設ティからプレーが行われ、大会後のトロフィー授与はグリーンを望むバルコニーにて行われる。

■トリビア

・センチュリオンクラブで欧州ツアーの大会が開催されるのは今回が初めて。

・センチュリオンクラブは、ハートフォードシャーで欧州ツアーの大会を開催する4番目のコースとなる。ムーアパーク(西コース)、ハンバリーナマー、そしてザ・グローブその他の3コースにあたる。

・大会は2人一組の16チームから成る。出場32選手中、24選手は欧州ツアーでの優勝経験を持っている。

・出場32選手で、「ライダーカップ」でプレーしたことがあるのは、ニコラス・コルサーツジェイミー・ドナルドソンアンディ・サリバン、そしてクリス・ウッドの4人。

・出場選手中、公式世界ゴルフランキングが最も高いのは、イングランドのアンディ・サリバン

・出場選手中、現在「レース・トゥ・ドバイ」ランキングが最も高いのはフランスのアレックス・レビ。

・すでに2017年シーズンで優勝しているのは、サム・ブラゼル(UBS香港オープン)、S.S.P. チョウラシア(ヒーローインドオープン)、ダレン・フィチャート(ヨハネスブルグオープン)、アレックス・レビ(ボルボ中国オープン)、そしてブランドン・ストーン(アルフレッド・ダンヒル選手権)の5人。

・最年少チームは、合計44歳のマッテオ・マナッセロ(24)とレナート・パラトーレ(20)が組むイタリアチーム。一方、最年長はブラッドリー・ドレッジ(43)とジェイミー・ドナルドソン(41)が組むウェールズで、2 人合わせて84歳となる。個人ではパラトーレの20歳が最年少で、47歳のトンチャイ・ジェイディーが最年長となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ゴルフシックス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。