ニュース

欧州男子ハッサンIIトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 ハッサンIIトロフィー
期間:04/13〜04/16 場所:ロイヤルゴルフ ダール・エス・サラム(モロッコ)

モロッコで注目すべき3人は?

オーガスタのドラマを後に、ツアーはモッロコへと移動し、2010年以来、毎年ヨーロピアンツアーのスケジュールの一部となっている「ハッサンIIトロフィー」を迎える。

1年前、ワン・ジョンフンがプレーオフの末にナチョ・エルビラを下したロイヤルゴルフ ダール・エス・サラムには、今年も実力者たちが集結する。それを踏まえ、我々が誇るデータの権威は、次の3人を今週の大会で注目すべき選手としてピックアップした。

<< 下に続く >>

本命: ディーン・バーメスター

ここまで今季目覚ましいパフォーマンスを見せている選手の一人として、ディーン・バーメスターは自信を胸に、モロッコを再訪することになる。出場した直近の「ツワネオープン」を制した彼は、本命の一人として大会をスタートする。南アフリカのバーメスターは、出場した直近の9大会中8大会でトップ20入りを果たしており、初出場となった1年前のモロッコではトップ15に入った。彼は今季これまでのところ、平均ストロークでツアー2位につけており、平均飛距離、パーンオン時の平均パット数、1ラウンドあたりの平均パット数、そしてサンドセーブ率でトップ15にランクインしている。もし、バーメスターが今週も最近のプレーを展開できるのであれば、間違いなく日曜には優勝争いに絡んでくることだろう。

対抗: ユースト・ラウテン

オランダのユースト・ラウテンは、確固たる理由があって、優勝候補の一人として臨むことになる。ヨーロピアンツアーの過去6シーズン中5シーズンで少なくともシーズン1勝を挙げている31歳のラウテンは、ロイヤルゴルフ ダール・エス・サラムでリーダーボードのトップに上り詰めることを見据えている。ラウテンは過去4回出場したモロッコで3度トップ15入りを果たしており、直近のストロークプレーの7大会では、いずれもトップ30に入っている。今季、彼は1ラウンドあたりの平均パット数が『29.3』、そしてパーオン時の平均パット数が『1.77』と、グリーン上でキャリア最高の数字を残している。波に乗ると、ツアーきってのオールラウンダーとなるラウテンは、休養十分で高いモチベーションとともに今週の大会に臨むことになる。

大穴: ロバート・ロック

ロバート・ロックは今週のロイヤルゴルフ ダール・エス・サラム再訪を歓迎する選手の一人である。この滑らかなスイングを持つイングランド人選手は、昨年、上がり7ホールで3つのバーディを奪い、プレーオフにわずか1打足らないところまで追い上げた。ロックは、このコースで「ハッサンIIトロフィー」が開催された2010年にもトップ7入りを果たしている。40歳のロックは他の選手のコーチとしても活動しているが、自身のスイングにも相変わらず真剣に取り組んでいる。直近の4大会では3回予選通過を果たしている彼は、2011年の「イタリアオープン」、そして2012年の「アブダビHSBCゴルフ選手権」と、ヨーロピアンツアーで2勝を挙げており、常にその素晴らしい記憶とともに大会に臨んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ハッサンIIトロフィー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!