ニュース

欧州男子英国マスターズ by Sky Sportsの最新ゴルフニュースをお届け

圧巻のブランドが単独首位で週末へ

地元イングランド期待のリチャード・ブランドが金曜にノーボギーの「64」をたたき出し、僅差ながら「ブリティッシュマスターズ」を単独首位で折り返すこととなった。

この日、バックナインで6つのバーディを奪うなど、合計7バーディを奪ったイングランドのブランドは、早い時間帯でクラブハウスリーダーとなったアンドリュー・ジョンストンアレックス・ノレンを追い抜き、通算11アンダーでリーダーボードのトップへと上り詰めた。

通算10アンダーの2位タイには2日目をそれぞれ「65」でラウンドしたジョンストンとノレンがつけており、それを1打差でイングランドのトミー・フリートウッドとスコットランドのスコット・ジェイミソンが追う展開となっている。

ヨーロピアンツアー初優勝を狙うブランドは、木曜を「67」でラウンドし、首位と1打差で2日目をスタートした。

すると、43歳のブランドはパー5の2番でバーディを奪い、前半を「34」として後半へ折り返した。

バックナインに入り、がぜん火が着いたブランドは、10番と12番でバーディを奪うと、14番と15番で連続バーディを奪い通算9アンダーまでスコアを伸ばした。

その後、17番で3メートルのバーディを決め、通算10アンダーとしてノレンとジョンストンに並ぶと、最終ホールで5.4メートルのバーディパットをねじ込んで単独首位に躍り出た。

第2ラウンドを終え、ブランドは「すばらしく良いホールアウトだったね。この2日間の締めくくりとしてだけでなく、この3、4カ月の締めくくりとしてすばらしかったよ」と述べた。

「これを続けることができれば、日曜は頂点に立てるんじゃないかな」

「ここであれウェントワースであれ、地元でプレーするときはいつだって家族の声援があるからね。それに友人たちも来てくれるから、余分に声援がもらえるのでいいよね」

10番からスタートしたジョンストンは、11番、15番、そして18番でバーディを奪い、前半を「33」とした。

すると、イングランドのジョンストンは1番で3メートルのバーディパットを決め、通算8アンダーとした。パー3の3番ではボギーをたたいたが、5番から3連続バーディを奪い、見事な盛り返しを見せた。

8番でボギーをたたいたジョンストンは、9番でトリッキーなバーディパットを沈め、通算10アンダーとして同組のノレンと並んだ。

「とてもハッピーだね。昨日は風の中で良いプレーができたと思ったけれど、今日は更に多くのバーディを奪うことができた」とジョンストン。

一方、ノレンは出だし2ホールで連続バーディを奪うと、13番でもバーディを奪った。
17番と18番でもバーディを奪ったスウェーデンのノレンは、1番で3メートルのバーディパットを沈め、二桁アンダー一番乗りを果たした。

その後、5番でもバーディを奪ったノレンは、2位につけていたジョンストンがボギーをたたいた8番で7.5メートルのバーディパットを沈め、3打差の首位に立った。

しかし、ノレンは最終の9番でダブルボギーをたたき、通算10アンダーに後退してこの日のラウンドを終えた。

最終ホールで2打落としながらも、この日のラウンドに満足のノレンは「たまにはああいうこともあるからね。今日については満足している。昨日より断然良いプレーができたから」と述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 英国マスターズ by Sky Sports




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。