ニュース

欧州男子BMW PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 BMW PGA選手権
期間:05/26〜05/29 場所:ウェントワースC(イングランド)

イーグルフィニッシュのヘンドが首位を堅持

「BMW PGA選手権」は波乱の展開となった3日目を終え、最終ホールでイーグルを奪ったスコット・ヘンドが単独首位で最終日を迎えることになった。

最終組でラウンドした豪州のヘンドと「マスターズ」王者のダニー・ウィレットは、一日の大半を通してくコアメークに苦心。優勝争いの行方が全く分からなくなる中、3日目を「66」でラウンドして通算8アンダーとしたイングランドのティレル・ハットンが単独首位で最終日に進むかに見えた。

<< 下に続く >>

しかし、パー5の2打目を8番アイアンの一振りでピンそば1.5メートルにつけ、このホールをイーグルとしたヘンドが最終日を「73」とし、通算9アンダーの単独首位に抜け出した。

ハットンの1打差には、3日目をノーボギーの「68」でラウンドしたリー・ウェストウッドY.E.ヤンがつけている。さらに1打差でウィレット、メジャー2勝のマルティン・カイマーら6人の猛者が追っている。

前半を7番のボギー以外全てパーとしたヨーロピアンツアー2勝のヘンドは、11番でバーディを奪ったが、バックナインに入ってドライバーが荒れたことにより13番、14番、15番でボギーを叩いた。

しかし、17番で彼の運は好転した。完全に距離感を誤った2打目がラッキーなバウンドで薮に入らずに済んだのである。その直後の18番でショットをまとめ、このホールをそつなく3打で上がったことで、強豪ひしめくリーダーボードのトップに返り咲いた。

「あれはとてもついていたね。とにかくグリーンに乗せて、2パットのバーディで上がろうと思っていたんだ」と、18番のイーグルについて語ったヘンド。

「幸運にも、転がって近づいてくれたので、3打で上がれたんだ」。

由緒ある大会での勝利は何を意味するか、と問われたヘンドは、「今は、まだそこまで先のことは考えていないんだ。正直、今晩何を食べよう、というところまでしか考えていないんだよ」と述べた。

「明日は自分の仕事をするだけだし、もっとクラブの中心でボールをとらえるようにしたいね。スイングにもう少し安定感を出すようにして、あとはそれでどうなるか、というところだよ」

ヘンド、ウィレット、ヤンの3人は2日目を終えた時点では首位タイで並んでいたが、3日目は3人合わせて11オーバーと散々な一日となった。

前週の「アイルランドオープン」でも36ホール終了時点で首位に立ちながら、その後「74」を叩いて失速し、最終的に23位タイで大会を終えたウィレットは、この日、5番でバーディを奪って2打差の単独首位に立った。しかし、上がり10ホールを5オーバーでプレーし、3日目は「76」と、残念なラウンドとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 BMW PGA選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!