ニュース

欧州男子ハッサンIIトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ハッサンIIトロフィー
期間:05/05〜05/08 場所:ロイヤルゴルフ ダール・エス・サラム(モロッコ)

初優勝を狙うハンソンが混戦を一歩リード

クリス・ハンソンは、この日曜にゴルファーとしてのキャリアにおける最も重要なラウンドを迎えることになった。18ホールを残すだけとなった「ハッサンIIトロフィー」で、彼は1打差の首位に立った。

3日目のロイヤルゴルフ ダール・エス・サラムを5アンダーの「67」でラウンドしたQスクール上がりの30歳は、通算6アンダーとして混戦を一歩抜け出した。

<< 下に続く >>

前週、マドリッドで開催されたチャレンジツアーの大会で4位に入ったハンソンは、これまでヨーロピアンツアーでは39位が自己最高成績となっている。この日は5バーディ、2ボギー、そしてパー5の12番ではイーグルを奪うゴルフを展開し、同胞のデビッド・ディクソンとフランスのクレモン・ベラルドに1打差をつけた。

スタートから11ホールを3バーディで回ったハンソンは、12番でチップインイーグルを決めたところで、一気に首位に躍り出た。

13番と17番ではボギーを叩いたが、その度毎にバウンスバックを見せ、最後は1.5メートルのバーディパットを沈めてこの日のラウンドを締めくくった。

「今日はこんなスコアが出せるとは思っていなかったけれど、とても良いプレーができたし、チャンスにつけたときはそれを決め切ることができたね」

「今日は良いゴルフに対するご褒美をもらったような感じがするね」

「あの(12番の)チップインはツキもあったんだ。フラッグに当たって入ったんだよ。でも、そういうのも必要だし、日曜日へ向けた吉兆となってくれればいいね」

「今日はドライバーの調子がとても良く、ほとんどインプレーにとどめることができたんだ。そういうプレー運びをすると、このゴルフコースではスコアが出るからね」

「明日の戦略もまた同じだね。ここは厳しいゴルフコースだから、忍耐強くプレーする必要があるし、いくつかボギーを叩くことも受け入れなければならないし、その上でチャンスが来たら決め切らないといけないんだ」

後半を「33」でラウンドしたディクソンは3日目を「67」とし、同組でプレーしたベラルドは13番でチップインを決めるなど、「68」で3日目をラウンドした。

4位には終盤に2つスコアを落としたもう一人のイングランド人、ジョシュア・ホワイトがつけた。通算3アンダーの5位で目下好調の韓国の王情訓が続いている。

首位で3日目をスタートしたフランチェスコ・ラポルタは「76」と崩れ、7人が並ぶ通算2アンダーの6位タイに後退した。このグループにはヨーロピアンツアーで優勝経験のあるエスタニスラオ・ゴヤロバート・ロックがつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ハッサンIIトロフィー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!