ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

新たな挑戦に胸を高鳴らすデ・ヨング

ジンバブエのブランドン・デ・ヨングは今週南アフリカで開催される「アルフレッド・ダンヒル選手権」にて、アフィリエイトのメンバーとしてヨーロピアンツアーの大会に初出場を果たすことになった。

米国のPGAツアーのレギュラーメンバーである33歳のデ・ヨングは、レパードクリークCCから始まる今シーズンをより世界的な規模のスケジュールにしたいと願っている。

<< 下に続く >>

2013年シーズンは4度のトップ10入りを果たし、フェデックスカップへと進出するとシーズン最終戦の「ツアー選手権」まで漕ぎ着けた世界ランク66位のデ・ヨングは、その調子を持続させる構えだ。

昨シーズン、PGAツアーのランキングを26位で終えたデ・ヨングは、「多くの大会はそれなりに快適だったよ。7年間PGAツアーでプレーしてきたので、今じゃそれぞれのコースや街を良く知っているんだ。あらゆる面でちょっとづず容易になっている。それはプレーする上でとても大きなことなんだ」と語った。

「今シーズンはアフィリエイトのメンバーとしてヨーロピアンツアーに参加する資格を得たから、よりグローバルにプレーするつもりだ。それによりプレーも向上すると思う」

「これまでアメリカでプレーしてきたのとは、(ヨーロピアンツアーは)ゴルフの種類が大きく異なるんだ。アメリカではほとんどが高い弾道になるんだけれど、ヨーロピアンツアーでは風が強かったり、地面が堅かったりするからね。全く別種のゴルフだし、新鮮でもあるね」

「ここは特別な場所だ。このコースは難しそうだし、良い試金石になると思う。楽しみにしているよ」

今大会注目の招待選手はデ・ヨングだけではない。2度のメジャー優勝を誇るジョン・デーリー、そして昨季喪失したヨーロピアンツアーのシード権を取り戻すべく実力者のトリオも参戦する。

その3人にあたるリチャード・フィンチオリバー・フィッシャー、イグナシオ・ガリードは合計すると5度ヨーロピアンツアーを優勝した経験があるが、皆揃って2013年は不調に陥ったため、レース・トゥ・ドバイへの復帰を確固たるものにすべく、復調を期すことになる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アルフレッド・ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!