ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

レオパルドクリークでハットトリック(3勝目)を狙うシュワルツェル

今から1年前、チャール・シュワルツェルが劇的な勝利を飾った“お気に入り”の大会、アルフレッド・ダンヒル選手権が今週開催を迎える。

「タイランドオープン」で11打差の優勝を飾った翌週、彼はこの大会でヨーロッパツアー歴代3位の記録となる12打差をつけての優勝を飾った。

この大会で、過去に2勝をあげているシュワルツェル。最初の優勝は通算8勝を記録しているヨーロッパツアーにおける初めての優勝で、当時20歳だった2005年、このレオパルドクリークCCでニール・チーサム(イングランド)を相手に、プレーオフ1ホール目にバーディを奪って達成した。

ここレオパルドクリークの地は、いつだって彼にとって特別な場所なのだ。

「いつもレオパルドクリークのことを考えているよ。恐らくこの大会は、シーズンを通して最も好きな大会と言えるね。いつもこの大会に出場することを楽しみにしているんだ。特に今年は2連覇が掛かっているから、なおさら心待ちにしているよ」と、シュワルツェルは語った。

「ここは世界中のゴルフコースの中でも、特に大好きなコースさ。去年、このコースは僕にとても良くしてくれたからね。ここでプレーする時は、いつだって心地よくラウンドができる。だから今週もそうなることを願っているよ。もちろん12打差での大勝は期待していないけどね」。

先週の「南アフリカオープン選手権」で4位タイに入ったシュワルツェルは、2014年の「レース・トゥ・ドバイ」の第2戦となる、賞金総額150万ユーロ(約2億円)のかかった今大会に臨む。

2011年のマスターズ王者のシュワルツェルは、今大会の優勝を南アフリカ選手の手中に収めたいと願うジョージ・クッツエーら同胞の62選手と共に、トーナメントに参戦する。

クッツエーは、先週の「ISPSハンダワールドカップ」でトップ20に入った。

27歳の彼はこの大会と相性が良い。昨年は10位タイ、その前年は3位となっている。今週もこの流れを維持したいところだろう。

「僕はこのレオパルドクリークが大好きなんだ。ここは世界中のコースの中でも特にお気に入りさ。このコースではいつだって僕らを快く迎えてくれる。そしてここは、いつもとても綺麗なんだ。これは完璧なコンビネーションだね。ロケーションも最高だし、ここでプレーできることをいつも本当に嬉しく思っているよ」と、彼は語った。

「僕が望んでいる場所(優勝)までは、そんなに遠くないと感じているよ。ボールは良く打てているし、パッティングの調子も良くなっている。数か月のオフの原因となった手首の怪我からは、少しずつ復調している。今は手首も全く問題ない。休養も十分、準備は万全さ」と、加えた。

他に注目すべき選手は、メジャー大会を制しているジョン・デーリー(米国)、またこの大会の過去の優勝者としてパブロ・マーティン、ガース・ムルロイ、そしてリチャード・スターンが参戦する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アルフレッド・ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。