ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

膝の負傷をものともせず、スイスの地で輝きを見せたラヒリ

「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」初日は、痛みを抱えながらプレーしたインドのアニルバン・ラヒリがスコア「63」を叩きだし8アンダーでトップに立った。

4週間前に捻った膝の負傷が完治してない26歳のラヒリだが、この日は2つのイーグルを奪うゴルフで2位に2打差の首位に躍り出た。しかし、クランスを知り尽くしたミゲル・アンヘル・ヒメネス、そしてトーマス・ビヨーンと、最近ヨーロピアンツアーで優勝したポール・ケーシー、そしてトミー・フリートウッドも充実した初日を終え首位争いを演じている。

<< 下に続く >>

「僕は15歳の時に前十字靭帯を痛めた経験があるんだ。だからとても厳しいラウンドだったね」とラヒリ。

「15日間ボールが打てなかったんだ。月曜日はこの1ヶ月間で4度目のラウンドだった。今回は自分に特に何も期待をせずにここに来たんだ。ただゴルフを楽しもうとね。恐らくそれが今日良いプレーができた要因だろうね」。

ラヒリはちょっとした既視感にとらわれているかもしれない。昨年、彼は初日を終えて首位タイに立っていながら、2日目は天候の急変により予選落ちを喫した。

共催のアジアンツアーで3勝を挙げているラヒリは、今年も同じ運命に苦しむのは避けたいところだ。

「去年はその事実を受け入れるのが本当にきつかった。でもそこから多くを学んだよ」と彼は加えた。「去年はとても寒かった。あれにアジャストするのは大変だったよ。とても厳しい教訓を学んだ。でも人生にとって重要な教訓だった」。

2週間前にグレンイーグルスでヨーロピアンツアー初優勝を果たしたフリートウッドは、インスタートの前半を「34」で折り返すと、後半は1番のロングホールでイーグルを奪い、更に3バーディを奪って初日を「65」の6アンダーで終えた。

かつてのチャレンジツアーNO.1であるフリートウッドは、ツアー初優勝を遂げた翌週のウェールズでは予選落ちを喫している。しかし、22歳の彼は、プレッシャーを処理する術を身につけたと感じているようだ。

「月曜日からとても良いゴルフができているよ」とフリートウッド。

「あれはとても忙しい1週間だったね。あんなに忙しくなるとは予想していなかったよ。僕にとってのツアー初優勝の後で難しい試合だったけれど、とても期待外れだった。でも、次に優勝した時は気構えができていると良いね」。

フリートウッドのスコアに並んだのは、2010年のこの大会の勝者で、今大会で25年連続出場となるヒメネス、そして「アイルランドオープン」の勝者で、この日の午後のラウンドではベストスコアを出したケーシー。

「とても良いスタートが切れたよ」とヒメネス。「今日はとても良いプレーができた。このコースは目をつぶっても回れるね!」。

そのヒメネスからタイトルを奪う形で2011年に優勝を飾ったトーマス・ビヨーンは、ヒメネスからさらに1打後方の5位につけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!
ラムキングリップ人気のクロスラインから新グリップ登場!最新のグリップ性能を聞いてみました



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!