ニュース

欧州男子ボルボワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ボルボワールドマッチプレー選手権
期間:05/16〜05/19 場所:トラシアンクリフG&ビーチリゾート(ブルガリア)

マクドウェルがコルサーツに雪辱を遂げる

グレーム・マクドウェル(北アイルランド)は「ボルボワールドマッチプレー選手権」で素晴らしい立ち直りを見せ、昨年優勝者ニコラス・コルサーツ(ベルギー)にやっと打ち勝てた。

コルサーツは昨年大会のファイナルでマクドウェルに勝っている。そして2011にもクオーターファイナルでマクドウェルを制している。しかし三度目の正直でマクドウェルはこのトラシアンクリフゴルフ&ビーチリゾートの準決勝でコルサーツを破った。

<< 下に続く >>

これでマクドウェルは日曜日のセミファイナルでクリス・ウッド(イングランド)を2&1で制したブランデン・グレース(南アフリカ)と対決することになる。

グレースは昨年の欧州ツアーで4勝(その内2つの大会はボルボがスポンサー)している。彼は5番(パー5)から3ホール(7番パー3)連続バーディを奪い、更にウッドが16と17番ホールで3パット叩いた時点で勝ちが決まった。

トーマス・エイケン(南アフリカ)は調子が上がっているフランチェスコ・モリナリ(イタリア)を3&2で制した。そしてベスト4では4&3でスコット・ジェイミソン(スコットランド)を下したトンチャイ・ジェイディ(タイ)と顔を合わせる事になる。

マクドウェルは前半の9ホールを終えて3アップとし、コルサーツが10番の短いパー4で打ったボールが、公衆トイレに入ってしまった時に、準決勝進出に近づいたかに見えた。

「オレは便所からは打たないぞ!」とコルサーツは冗談を飛ばした。しかし新たな意味での“近くの安心できる場所”へペナルティードロップをしたあと、コルサーツはグリーンにピッチオンすると15フィートからのパーを決めてこのホールを引き分けとした。

コルサーツはレフェリーが「生放送で便所の中にボールをドロップしないでくれ」と頼み込んだ時に喜びの笑みを浮かべた。彼の1回目のドロップはホールに向かって転がった為、結局2回ドロップする事になった。

「危うく道化を演じるところだったから笑ってしまったよ」とコルサーツは話した。

「きっと僕は『スポーツ問題』に載るでしょうね。ベルギーの奴がトイレにボールを落としたというニュースも出回るよ。そんな馬鹿げた事で覚えられるのも笑えるね」。

このホールをパーで逃げ切った後、コルサーツは13番のバーディで挽回。そこでマクドウェルは少なくともボギー以上が決定していた。そして14番もパーで勝ちとった。

しかし、16番(パー5)では7フィートからのバーディを外し追いつく事はできなかった。そして17番(パー3)で立て続けに不味いピッチをしたためマクドウェルに勝利を持って行かれた。

6ホール残してもう少しで4ホールリードの貯金を使い果たしてしまいそうだったマクドウェル。今朝のベスト16のゲームで、18ホールでボー・バン・ペルト(米国)を制したマクドウェルが述べた。「私は相手に中身をついつい見せてしまう。でも、あまり相手にチャンスを与えるのは良くないね」。

「10番では4アップになると思っていたのだけど、ニコラスがその後トイレからやっとの思いでパーに抑えた。ゴルフのルールが少し面白ろおかしくなって、観ている人たちも何が起きているのか考えさせられるよね。それにしてもその後の彼の4ホールは凄かった」。

「勝ち進んで準決勝に残れてうれしい。この大会はとても歴史的な大会でトロフィーにもたくさん著名人の名前が刻まれている。ウェントワースで行われていた黄金時代を思い出す。私は自分のヒーロー達が優勝したのをずっと観てきたから、そのリストに私の名前が加わる事を心の底から願っている」。

「ブランデン(南アフリカ)は強敵です。私のゲームプランはフェアウェイを外さない、グリーンをとらえる、そして相手にチャンスを与えすぎない事。今の所それがうまくいっている」。

マクドウェルは本日35ホールプレーした割には気力は充実していると主張していたが、逆にグレース(南アフリカ)とエイケン(南アフリカ)は共に少々疲れ気味だと認めた。

「一日36ホールはさすがに体力面に影響する」とエイケン。シード無しの8人中の一人だった彼は金曜日にグループマッチの両方をプレー。更にベスト16ではシェーン・ローリー(アイルランド)に勝つ為に19ホールを要した。

「もう少し体力があったら良かったのに。でも明日の午前中の試合を乗り越えられたら午後は非常に集中できると思うよ」。

グレース(南アフリカ)は4&3でベスト16を勝ち抜き ブレット・ラムフォード(オーストラリア)がサー・ニック・ファルドセベ・バレステロスと肩を並べて欧州ツアー大会三連勝するのを阻止した。月曜日に25歳になる彼も「私もあちこち痛いし、動きが悪い」と述べた。

「とても長い一日でした。最後に一日に36ホールもプレーしたのはいつだったか思い出せないくらいだよ」。

ジェイディ(タイ)はピーター・ハンソン(スウェーデン)に対して今朝21ホールで勝利を収めた。それでも疲れを見せなかった彼はマッチプレーの強者イアン・ポールター(イングランド)とのグループステージでの勝利試合で見せた無慈悲ともいえるプレーの仕方でジェイミソンを制した。

「今週ずっと良いプレーができているよ」と彼は述べた。「この試合形式は得意なんだ。今週は自分のゴルフにも自信が持てている。ここまで全試合勝っているし、明日が楽しみだよ」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ボルボワールドマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!