ニュース

欧州男子アバンサマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 アバンサマスターズ
期間:03/14〜03/17 場所:ジャイピーグリーンズGC(インド)

週末の対決に臨むリャンとニラト

「アバンサマスターズ」は前半2ラウンドを終えて、チャプチャイ・ニラト(タイ)とリャン・ウェンチョン(中国)が2打差の首位に立っている。2人とも、優勝すれば欧州ツアーでの6年ぶりの優勝となる。

優勝は2007年の「シンガポールマスターズ」以来となる中国のリャンは、8バーディ、2ボギー。この日一番の見せ場は、17番での25フィートのバーディパット。この日スコアを「66」とし、「ゴルフ人生の中でも5本の指に入るくらいの出来だったよ」と語った。

そして34歳の彼はこうも付け加えた。「ロングパットをいくつも決めることができた。ボギーが2つあったけど、これ以上贅沢は言えないよ」。

「休暇をとって家族とゆっくり過ごすことができたおかげで、エネルギーをフルに充電することができたと思う。我慢することを学び、そして世界中でプレーしてきたことでたくさん学んだと感じている。まだ2ラウンド残っているわけだけど、できれば今日のように首位でいたいね」。

ニラトは7バーディ、1ボギーの「66」。ジャイピーグリーンズGCで通算12アンダーとして、リャンと並んでいる。

「今日は実に調子が良かったんだ」とニラトは言った。彼は2009年にアジアンツアーの「セイルオープン」で、大会記録となる通算32アンダーで優勝している。

「ここはとても距離が長いコースで、この2日間はボールを遠くへ飛ばすことができた。そしてロングパットも決まっていたし、幸運も重なって自分がこの位置にいることができたと思う」。

10アンダーで首位を追う集団の中には、ニラトと同国のチャワリット・プラポール(タイ)、デビッド・ドライスデール(スコットランド)、イングランドのトミー・フリートウッドとヨナス・グランベルグがいる。

初日を終えて首位に立っていたチンナラト・ファダンシルは、初日の調子を維持することができず、素晴らしい成績を残したバック9では、初日より12打も多く打ってしまった。

初日に9ホールで8個のバーディを奪い、欧州ツアー記録に1打に迫る「28」という成績で5打差をつけて首位に立っていたのだが、この日タイ人の彼はバック9を「40」としてしまった。

フロント9は「34」としてダメージを若干和らげたが、9アンダーの7位まで順位を下げてしまった。

およそ300大会出場している欧州ツアーでの初優勝を狙っているドライスデールは「67」という成績を振り返ってこう言った。「このコースはバーディを奪う機会がたくさんある。特にパー5のホールは全てチャンスホールだ。だからこの2日間落ち着いてプレーできているよ」。

「今日は前半を終えた時点で9アンダーだったから、昨日あの若者が11アンダーだったことを考えると首位から4打か5打のビハインドかなと思っていた。しかし、彼が(スコアを落として)こっちの集団に戻ってきたのは嬉しい誤算だよ」。

「プロアマ戦だった水曜日に、今週優勝するには20アンダーくらい必要なんじゃないかと思った。特に、天気がこれくらい良くて風が強くならなければね。誰かが11アンダーを出しちゃったもんだから、みんなできるだけ多くのバーディをただただ奪わなければいけないということになったよ」。

「初めてこのコースを見たとき、ここはちょっとした飛ばし屋天国だと思ったよ。ティグラウンドからはフェアウェイの幅が広いように見えたけど、実はそうでもなくて、そしてコースデザインがとても素晴らしいんだ。狭いくらいのコースがボクにはちょうど良いんだよ」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アバンサマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!