ニュース

欧州男子ポルトガルマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ポルトガルマスターズ
期間:11/04〜11/07 場所:ドムペドロ ビクトリアGC (ポルトガル)

ウォレス、リー… 「ポルトガルマスターズ」優勝予想

「レース・トゥ・ドバイ」も終盤戦となり、今年も「ポルトガルマスターズ」が開催される。今年は誰が優勝争いに絡むのか?識者による優勝予想は次の通り。

今週もスカイスポーツのプレゼンターであるキット・アレキサンダー、そしてかつてレディース欧州ツアーで選手やコーチとして活躍し、プレゼンターでもあるソフィー・ウォーカーの優勝予想を見比べてみよう。

<< 下に続く >>

キットの予想

マット・ウォレス
世界66位のウォレスは、今年のヨーロピアンツアーでは静かなシーズンを送っており、「レース・トゥ・ドバイ」では82位につけているが、米PGAツアーでは直近の2大会で14位、4位と調子を上げている。

彼は過去3回出場している「ポルトガルマスターズ」で予選落ちを喫したことはなく、直近の2019年大会では8位に入っている。彼はヨーロピアンツアー初優勝をポルトガルで達成しており、今週は優勝候補の一人としてプレーすることになる。

ローリー・キャンター
この31歳は昨夏のツアー再開以来、トップ5入りを8回記録するなど、ヨーロピアンツアー初優勝の扉を叩き続けている。このうち3回は、彼の出場した直近3大会でのものだった。極上のボールストライカーである彼は、ティからグリーンのストロークゲインドで2位にランクインしており、グリーン上とグリーン周りでの一貫性が少しばかり向上すれば、待望の初優勝はついてくるだろう。

アンドリュー・ジョンストン
私は「マジョルカオープン」で“ビーフ”を推したが、実際、彼は7位に入り、好調をアピールした。ロースコアが見込まれる今大会では、優勝を争う上で通算20アンダー以上のスコアが必要とされることになりそうだが、彼は今季ヨーロピアンツアーでの平均スコアを「69.38」とし、同スタッツでは3位にランクインしている。

彼は現在「レース・トゥ・ドバイ」で63位につけているので、2週連続して好成績を挙げることができれば、「DPワールドツアー選手権」出場も狙える位置にいる。

ソフィーの予想

ミンウ・リー
豪州の飛ばし屋は、「スコットランドオープン」で「ロレックスシリーズ」制覇を果たすなど、今季は大躍進を遂げている。

リーは平均飛距離で12位に入っており、「レース・トゥ・ドバイ」ランキングは6位につけている。ビクトリアコースにおける過去の優勝者を振り返ってみると、皆一様にショット力に物を言わせていることが分かる。

23歳は直近の大会で2位に入っており、今週はヨーロピアンツアー3勝目を狙っている。

ショーン・クロッカー
「ポルトガルマスターズ」では、しばしばツアー初優勝者が誕生している。クロッカーのティからグリーンにかけたショットの力量には目を見張るものがあり、彼はティから平均312ydを飛ばしているほか、ティからグリーンのストロークゲインドで5位にランクインしている。

これにより、彼はパー5でのスコアメイクを得意としているが、これはポルトガルではかなり重要な地位を占めている。彼はパー5の平均スコアでツアー2位につけている。

サム・ホースフィールド
このイングランド人選手は、今季前半は毎週のように私の優勝予想に顔を出していたが、調子は下降気味だ。しかし、サムは1カ月ほど欧州開催の大会に出場していないものの、このコースは彼に合っていると言える。昨年イングランドで2勝を挙げた25歳は、リゾートコースをことごとく蹴散らしてきたのである。

飛ばし屋でアグレッシブなプレースタイルのホースフィールドは、平均バーディ数でツアーのトップに立っている。このスタッツはかなり重要である。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ポルトガルマスターズ




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!