ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

欧州ツアーの選手が次々と支援を表明

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けた人々を助けるため、世界中のゴルファーやアスリートたちが救済への取り組みや支援団体で自らの役割を果たしている。

メジャー王者のセルヒオ・ガルシアはコロナウイルスとの戦いへ向け、スペイン赤十字に寄付金を募っている大勢のスペイン人アスリートの一人であり、24万ユーロ(約2800万円)を寄付した。

ガルシア一家は今週、総額1100万ユーロを寄付金のゴールに定めている財団への参加を表明。この財団にはラファエル・ナダル、パウ・ガソル、イケル・カシージャス、フレン・ロペテギ、ダビド・フェレール、テレサ・ペラレスといったスペインスポーツ界のスター選手たちも加わっている。

寄付金は、スペインで新型コロナウイルス危機の影響を受けた135万の人々の支援のために使われることになる。

メジャー2勝のマルティン・カイマーはコロナウイルスの影響を受けた人々の支援のため、Gofundmeのプラットフォーム上で、マルティン・カイマー・ヘリアンタス財団を通じて寄付金集めのキャンペーンを立ち上げ、初回の募金として5万ユーロを寄付した。

集められた寄付金はカイマーが心を寄せる国々であるドイツ、イタリア、そして南アフリカの支援団体に均等に分けられることになる。

一方、エドアルド・モリナリ自ら運営するゴルフアカデミーのインスタグラムで日替わりクイズを使い、トリノの病院に対する寄付金を募っている。

先週には、多くのトッププレーヤーたちが世界中の医療従事者へ向け感謝の言葉を贈っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!