ニュース

アジアンインドネシアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾は世界ランク50位入りを逃すも最終日に「67」

2018/12/16 17:53


◇アジアンツアー◇インドネシアマスターズ 最終日(16日)◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7539yd(パー72)

今年の最終世界ランクでの50位入りを目指した今平周吾は、2アンダーから出た最終日に5アンダー「67」をマークして通算7アンダーの12位フィニッシュ。だが、50位入りのノルマである2位には届かず、世界ランクは55位を維持する見込みだ。

「世界ランクはスタート前からちょっと厳しいのはわかっていたので、あまり気にせずやっていました」という今平。最終日はようやく1Wショットが安定し、「きょうが一番よかった」と表情はあかるかった。

真冬に向かう日本から、常夏の南半球に来たことによる体調変化に「慣れるのに時間がかかった」というのが反省点。それでも、「海外の試合は気候や湿度も違うし、こういう経験をたくさんしていければいいと思う」と先を見据えた。

国内ツアー賞金王は、これが今年最終戦。年明けは1月の米ツアー「ソニーオープン」、翌週の「SMBCシンガポールオープン」と連戦で幕を開ける。シンガポール終了後にトレーニング合宿をする予定だという。

「やっと終わったなという感じですね。少し休みたい気持ちもあります」と、ブレークスルーとなった一年を終えた26歳の賞金王は、ほっと息をついた。(インドネシア・ジャカルタ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 インドネシアマスターズ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。