ニュース

アジアンタイランドゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 タイランドゴルフ選手権
期間:12/12〜12/15 場所:アマタスプリングCC(タイ)

石川遼は15位浮上で終了 痛めた首への懸念を一掃

2013/12/15 19:45


タイのアマタスプリングCCで開催された、アジアンツアー「タイランドゴルフ選手権」の最終日。通算6アンダーの23位タイから出た石川遼は、10番からの3連続を含む5バーディ3ボギーの「70」で回り、通算8アンダーの15位タイに浮上して4日間のプレーを終えた。

スタート直後から、昨日痛めた首回りを気にする仕草をみせていた石川。昨夜は入念にマッサージを施したが、「朝、起きても治っていなくて、フォロースルーがちょっと取りにくかった」と、序盤はとくにティショットの安定性を欠いた。それでも、多少のショットの乱れは想定の範囲内。「今日は、ショットはバラバラでもいいので練習のつもりで。アプローチとパターでカバーできたと思う」と、前半を1バーディ1ボギーのイーブンで折り返した。

<< 下に続く >>

そして、「アウトで耐えられたので、インは楽しみだと思っていた」という後半。「10番は易しいホール。フェアウェイに置ければチャンスはあると思っていた」とのイメージ通り、フェアウェイからピン左4メートルにつけてバーディを奪う。「あそこらへんから、ティショットの手応えも良くなった」と11番(パー5)、さらに12番と3連続バーディを決め、スタートから包まれていた重い空気を一掃。結果的に目標のトップ10には届かなかったが、「初日の出遅れから順位を上げられたし、やるべきことは出来たと思う」と及第点をつけた。

石川は次週20日(金)から、中国・広東省広州のドラゴンレイクGCで開催されるアジア選抜VS欧州選抜の対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」に出場する。今年で5年連続5回目の出場となり、試合の雰囲気やダブルスマッチプレーの戦い方も心得たもの。「どなたと組んでも、落ち着いてやれると思う。このアジアメンバーだったら、ヨーロッパ勢にも対抗できるはず。去年も勝っているし、ディフェンディングチャンピオンとしてもう1回勝ちたいですね」。

首の状態も「あと4日あるし、まったく問題ないと思っている」と、この日のプレーを見ても深刻さはうかがえない。一旦日本に帰国し、来週火曜日に現地入りする予定という。(タイ・チョンブリ/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 タイランドゴルフ選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!