ニュース

アジアンタイランドゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 タイランドゴルフ選手権
期間:12/12〜12/15 場所:アマタスプリングCC(タイ)

石川遼が43人抜きの急浮上! トップ10入りも視野に

2013/12/13 20:41


予選通過圏外(65位タイ以上)の2オーバー70位タイから「タイランドゴルフ選手権」2日目を迎えた石川遼は、5バーディ1ボギーの「68」をマーク。通算2アンダー、27位タイに浮上して決勝ラウンドへ進出し、「明日で20位ぐらいまでもっていければ、最終日にトップ10も狙えると思う」と言葉にも力強さが戻った。

2オーバーで出遅れた初日を「内容的には悪くなかったし、手応えもあった。ちょっとした噛み合わせが悪かっただけ」と、改めて振り返った石川。プレー自体は初日と大きく変えることなく、「変わったとすれば、ドライバーを少しだけ修正できたかな、という点と、パッティングのタッチ。その2つが上手くいったので結果が出せたと思う」とギアを噛み合わせた。

<< 下に続く >>

初日に時おり大きく曲がってボギーの引き金になっていたドライバーは、18ホールを通して安定。ショートすることが多かったパットも、「上りで逆目のラインでも良い感じで打てていた」とタッチをアジャストし、前半からバーディを重ねた。2番(パー5)、3番と3メートルのチャンスを決めてイーブンパーに戻すと、距離の短い10番ではフェアウェイからのアプローチを1メートル弱に絡めて1アンダー。早くも“安全圏”へと食いこんだ。

14番のティショットでは、フェアウェイに運んだボールが目土されたディボットに入る不運。しかし、「その時は予選のことも考えていなかったし、内容も良かった。メンタル的にも、ある程度の余裕があった」と動じることはなかった。「ピンが運よく奥目に切られていたので、8番アイアンでハーフトップ目に打って、低いフェードでいけるイメージが出しやすかった。それが思ったところに打てましたね」と、約160ヤードからピン奥3メートルにつけてバーディ奪取。石川のショットの好調を示す、隠れたスーパーショットだった。

最終18番はフェアウェイからの2打目をグリーン右に外して唯一のボギーとしたが、「明日に向けて気が引き締まる感じかな、と思う」と余裕の構え。その表情も、ダブルボギーフィニッシュで終えた初日のそれとは対照的だった。(タイ・チョンブリ/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 タイランドゴルフ選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!