ニュース

アジアンインドネシアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 インドネシアン・マスターズ
期間:04/21〜04/24 ロイヤル・ジャカルタGC(インドネシア)

L.ウェストウッドが好スタート!首位はS.ラーマン/アジアンツアー初日

アジアンツアー第4戦「インドネシアンマスターズ」が、4月21日、インドネシアのロイヤル・ジャカルタゴルフクラブで開幕。バングラデッシュのシディクール・ラーマンが通算6アンダーで単独首位に立っている。首位と1打差の2位タイには、日本のツアーメンバーでもあるプラヤド・マークセン(タイ)、パク・ヒュンビン(韓国)、トンチャイ・ジェイディ(タイ)ら6名が並ぶ混戦となっている。

続く通算4アンダーの8位タイには、欧州ツアーから参戦している、世界ランク2位のリー・ウェストウッド(イングランド)がつけている。ウェストウッドは今大会で勝利すると、マーティン・カイマー(ドイツ)から、世界ランク1位の座を奪還できる可能性もあり、カイマーがどのツアーにも出場していない今週再逆転を狙う。最終日に38歳となるウェストウッドのバースデイ優勝なるかに注目だ。

日本から出場している清田太一郎は、通算イーブンパーの46位タイ、内藤寛太郎は通算4オーバーの101位タイ、土山大介が通算14オーバーで142位につけている。

【主な選手の順位】
1位 -6 S.ラーマン
2位T -5 P.マークセンパク・ヒュンビン、T.ジェイディ ほか
8位T -4 L.ウェストウッド、D.ベック ほか
15位T -3 P.グスタフソン、K.アフィバーンラト ほか
46位T E 清田太一郎 ほか
101位T +4 内藤寛太郎 ほか
142位 +14 土山大介

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 インドネシアン・マスターズ

  • 2011/04/21~2011/04/24
  • 優勝:L.ウェストウッド
  • 賞金総額:750,000US$
  • ロイヤル・ジャカルタGC(インドネシア)



特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。