ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

最終日に3オーバー 日本はプレッシャーに沈む

2014/09/06 19:38

長野県にある軽井沢72ゴルフ東コースで行われた「世界女子アマチュアチーム選手権」の最終日、日本チームは岡山絵里が「72」、松原由美勝みなみが共に「75」で回って、この日のチームスコアは3オーバー。通算14アンダーへとスコアを落とし、首位のオーストラリアと15打差の8位タイで4日間を戦い終えると、溢れる涙が止まらなかった。

自国開催で最終日最終組に入った勝には、その小さな肩に大きなプレッシャーがのしかかった。追い討ちを掛けたのはスタートホールの1番(パー5)での出来事だ。

<< 下に続く >>

勝はフェアウェイからの3打目を大きくグリーンオーバーさせて、ギャラリー付近まで打ち込んでしまう。「(距離計測器で)測ったら123ヤードって出た。そんなにあるかなと思って抑え気味に打ったけど…」。すぐに測りなおすと99ヤードと表示された。だが、大事な最終日のスタートホールでのミスは、勝を動揺させるに十分だった。

続く2番(パー3)もグリーンを外してボギーとし、頭をよぎったのは団体戦ならではの責任感。「チームのみんなに迷惑を掛けたと思った。それからショットも悪くなったし、パターも入らなくなってしまった。メンタル的にダメでした」。

4番でバーディを奪い返したが、7番(パー3)ではティショットを引っ掛けて左の池へ。その処置に時間を要すると、前の組とも離れてしまう。同組で回るのは、個人戦で首位を行くブルック・ヘンダーソン(カナダ)と、先月中国・南京で行われたユースオリンピックのゴルフ競技で金メダルを獲得したリー・ソヨン(韓国)のトップアマ2人。「私は歩くのも遅いので」と、もはや自分のペースでプレーすることもままならなかった。

チーム1番手で出た岡山は、5番(パー5)で3打目を直接カップに沈めるイーグルで2アンダーと伸ばしたが、中盤に3ボギーを叩いて1オーバーへと後退。最終18番で1ピンほどのバーディパットを沈めたが、「アンダーパーをマークしないと、(チームを)引っ張ったことにはならない。今まで取り組んで来たことが、まだまだ足りないと感じた」と、悔し涙に目を潤ませた。

今大会2度目の出場となった松原は、「朝からギャラリーも多くて、体が全然動かなかった。パットも思ったところに打てず、悔しい気持ちで一杯」と振り返った。1番で5メートルを沈めてバーディ発進。3番、4番の連続ボギーにめげず、5番でチップインバーディを奪ったが、その後もリズムを取り戻し切れず、終盤の16番でダブルボギーを叩いた。

逆転優勝したオーストラリアの最終日のチームスコアは13アンダー。トップ10に入ったチームで最終日にオーバーパーを叩いたのは、日本チームだけだった。

母国開催で初の表彰台を目指した日本だが、その夢は叶わなかった。だが、3週間後には同じメンバーで挑む「アジア競技大会」が韓国・仁川で開催される。今週味わった悔しさは、決してそのままでは終わらせない。(長野県軽井沢町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!