ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

海老原清治 欧州シニアツアーで今季3勝目

2002/08/05 09:00


欧州シニアツアーに参戦中の海老原清治が、「ザ・デビアシニアプロ選手権」(8月1日から4日まで開催)で21アンダーを記録し、今季ツアー3勝目を挙げた。

海老原は、この試合でいくつかの記録を樹立した。

<< 下に続く >>

■ 欧州シニアツアーにおいて4人目となる年間3勝達成者

海老原は、先のAIBアイルランドシニアオープン、ウェールズシニアオープンの2試合で勝利を収めている。

■ 57ホール連続ノーボギー

最終日にノーボギーで回り、初日の16番ホールから続けていたノーボギー記録を57ホールに伸ばした。最終日は6バーディ、12パーという内容だった。

■ 2位に10打差をつけ優勝

1997年スコットランドシニアオープンでトミー・ホートンが2位に9打差をつけて優勝した記録を抜き、新記録となった。

■ 21アンダー、267トータルストローク

選手権記録を1打塗り替え、同時に欧州シニアツアーの72ホールでの新記録にもなった。1975年のシニアプロ選手権で、ケル・ネーグルが記録した4日間トータル268ストロークが最高だった。

そして、この優勝で52,733ユーロを獲得した海老原は、今季獲得賞金総額を254,585ユーロとし、昨年イアン・スタンリーが記録した年間獲得賞金額287,025ユーロにあと一歩と迫っている。この勢いでいけば新記録になるだろう。

「試合で21アンダーを記録するのは初めて。もちろん嬉しい。ここまで来たら賞金王を狙っていきたい。残りのシーズンも賞金王を意識しながら戦うつもり」

前週、全英シニアオープンでは須貝昇が優勝。現在、欧州シニアツアーでは日本人旋風が巻き起こっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!