ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

タビストック・カップ/エルス、ガルシアが大活躍!初日ハイライト

初日の試合フォーマットは4組ずつのフォーボール・マッチ(ストロークプレー)。1組目はキャプテン同士の対決。レイクノナのE.エルス&S.ストゥルーバー対アイルワースのM.オメーラD.クラーク。やはりホームコースということもあり、エルスが次々とスーパーショットを披露。8番ではピン横20センチにつけるアプローチを見せ3アンダー。さらに13番でもグリーンエッジから4メートル弱のバーディパットを決め6アンダー。一方のオメーラ&クラークは4オーバーと大差がついてしまった。結果エルス&ストゥルーバー組が勝ち点2を挙げた。

2組目、レイクノナのN.ファルドT.イメルマン対アイルワースのC.ハウエルIIIJ.クック。2番でハウエルがグリーン外から6メートルのバーディを決めて、快調な出だし。さらに続く3番でもハウエルが10メートル級のバーディを決めて、常に優勢にたったまま折り返した。ホームコースのファルド&イメルマン組の見せ場は17番。ファルドが打ったティショットがあわやホールインワン。もし入っていれば商品は新車のBMW、それもチーム全員分に送られていた。しかしバーディはしっかり得て、両組5アンダーのタイのまま最終18番へ。そして18番グリーン上でピンから6メートルのバーディパットをアイルワース組のジョン・クックが決め、2組目の勝ち点はアイルワースに転がった。

<< 下に続く >>

3組目、レイクノナのI.ポールターJ.ローズ対アイルワースのS.アップルビーR.アレンビー。10番でアレンビーがバーディを決めて2打リード。さらに短めの14番パー4ではアレンビーがグリーンサイドバンカーからあわやチップイン・イーグル。そしてアイルワース5アンダーで2打差のリードを保ったまま迎えた最終18番。イーグルを取らなければ、レイクノナの負け、という場面でジャスティン・ローズの3打目がカップをかすめるものの決めることができず、、この勝負はアイルワースに軍配が挙がった。

そして初日の最終組、レイクノナのR.グーセンS.ガルシア対アイルワースのS.ホークL.ジャンセン。グーセン&ガルシアが見事なペアぶりを発揮した。ガルシアが出だしのパー5でピン横30センチにつけてバーディを決めれば、3番ではグーセンがピン側30センチにつけバーディ。4番でもグーセンが2段グリーンの上段から下段に10メートル近くのバーディパットを決めて一気に流れを呼び込む。7番ではガルシアが長いパットを決めバーディ、8番ではグーセンがグリーン外からチップイン・バーディと、前半スコア“30”で折り返すチャージを見せた。ホーク&ジャンセン組も5アンダーと健闘するが、グーセン&ガルシア組が10アンダーと圧倒的な強さを見せて、レイクノナが勝ち点2を獲得。結果、初日は勝ち点4ずつの両者互角な戦いとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!