ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ワールドカップ日本人最高位 “オリジナル6”が次世代へ示す姿/フットゴルフな人々 vol.3 鈴木秀成

この道はいったいどこにつながっているのだろう? 2023年には米国フロリダ州で「第4回ワールドカップ」が開催され、28年「ロサンゼルス五輪」でのオリンピック種目採用に向けた動きも続いている。まだ、日本でプレーできるのは20コースほどに限られるが、これはそんな新スポーツに魅了された人々の素顔に迫る連載インタビューである。

第3回は日本フットゴルフ界の黎明期を知り、“オリジナル6”と呼ばれる初代日本代表の一人である鈴木秀成さん。ワールドカップにおける日本人最高位記録を保持し、3児の父親でもある鈴木さんに、フットゴルフに懸ける情熱を聞いた。

<< 下に続く >>

◆ ◆ ◆

―フットゴルフを始めたきっかけを教えてもらえますか?

子供の頃からサッカー選手になりたいという夢がありました。それで、大学までサッカー部でやっていたけど、結局そこで夢を諦めて、いわゆる一般的なサラリーマンになったんです。そんなとき、サッカーW杯のブラジル大会(2014年)をテレビで観ていると、フットゴルフが日本に入ってきたことが紹介されていたんです。これは完全に自分のスポーツだなと思って、すぐ大会にエントリーしました。

-いきなり試合に出たのですね。初出場した大会は、どんな感触がありましたか?

60人くらいが参加して9位とかで、まあまあ良かったんです。優勝したのは元・名古屋グランパスでサッカー日本代表にもなった平野孝さんだったけど、「真剣に練習をやったら狙えるぞ!」って、そこから一気にのめり込みました。ただ、当時は練習のノウハウも知らなくて、遠くのゴールに向けて蹴ったりしていただけですね。

-それでも、翌15年には“初代”日本代表に選ばれてオランダ遠征に行きました。

まだ、今ほど競技者が多くなくて、常に試合に出ていたのはたぶん30人くらい。5分の1くらいの感覚ですね。初代日本代表は、冨沢和未、田中雄太、桑田寛之、新井晋、コージャ今村の各選手に僕を含めた6人で、通称「オリジナル6」と呼ばれています。サッカーでプロや日本代表になることを目指していたので、競技は違っても日本代表になることができて、すごくワクワクしましたね。

その6人でオランダのキャピタルカップという大会に出たのですが、海外の選手たちはインステップで蹴らないで、インフロントで転がして、それからインサイドで的確にカップに寄せていく。僕らはとにかくピンに蹴っていく意識だったけど、本場のコースはバンカーがあったり、奥に池があったりと、いろんな落とし穴が仕掛けてある。遠くに飛ばすことよりも、正確に狙ったところに、思った強さで蹴れる上手さに驚愕しました。

順位は300人中、100位くらい。3日間やってトップと30打差なので、1日10打違いました。でも、絶望したとかじゃないですね。これが“本物のフットゴルフ”なのか…と。こういう人たちに勝つには、どんな練習をしたらいいのか?どういうボールを使えばいいのか?それから、フットゴルフに本当に必要なものを考えるようになりました。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!