ニュース

アマ・その他アジアパシフィック女子アマチュア選手権の最新ゴルフニュースをお届け

3打差追う橋本美月 敵は自分か、飛ばし屋か/アジア女子アマ3日目

2021/11/12 21:01


◇アジアパシフィック女子アマチュア選手権 3日目(12日)◇アブダビGC(UAE)◇6431yd(パー72)

「日本の試合だったら、結構自分がセカンドを最後に打つことが多いので…」という橋本美月(東北福祉大1年)。だが、ナッタクリッタ・ウォンタウィラップ(タイ)、ケルシー・ベネット(オーストラリア)と最終組で回った3日目は、少し事情が違っていた。

<< 下に続く >>

今年、タイLPGAツアーで2勝を挙げているウォンタウィラップは、橋本を20yd近くアウトドライブする飛ばし屋の1人。橋本は「私の1Wと彼女の3Wが同じくらいの飛距離」と、この日はセカンドオナーになることも多かった。加えて「ターフの取れ方がすごくて、ドバっと取れて思わず笑っちゃいました」と、まるで芝生の草履が飛んでいくようなターフの迫力はもはや驚きを通り越していたという。

スタートからの3ホールは「予選ラウンドよりもはるかに緊張していた」という橋本だったが、3番、5番、7番と1ピンほどのバーディパットをことごとく沈め、8番(パー5)は2打目をグリーン手前の花道まで運んで、前半だけで4バーディ。通算12アンダーとして、首位に並んで後半へ折り返した。

だが、中盤5ホールは足踏み。10番、15番で2mほどのバーディパットを決めきれず、11番はグリーン手前のバンカーに入れてこの日唯一のボギーをたたいた。16番でバーディを取り返して、1打差で迎えた最終18番(パー5)。先にピン手前5ydに2オンさせたウォンタウィラップに対して、橋本のレイアップ後の3打目は「バーディを獲りたい気持ちが勝ってしまった」とチャンスにつけられずに2パットのパー止まり。一方のウォンタウィラップがイーグルパットを沈め、首位と3打差の2位となった。

前週の中島啓太に続き、日本勢のアジア連覇にも期待が懸かるが、橋本は「最終的に一番の敵は自分だと思うので、自分に勝てるように頑張りたい」と自身のやるべきことに集中する。「具体的にスコアの目標は立てないけど、チャンスが来たらしっかり決められるように、ピンチが来たらしっかりセーブできるように落ち着いてプレーしたい」と慎重に言葉を選んだ。

負けん気は「強いと思う」というものの、「でも今はすこし抑えています」という橋本。それでも、ウォンタウィラップの「あしたは6アンダーを目標にしている」との言葉を伝え聞くと、「そうなんですか?じゃあ自分は…ついていけるようにとりあえず頑張ります」と、ちょっぴり闘争心に火が着いたようだった。(アラブ首長国連邦アブダビ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィック女子アマチュア選手権

  • 2021/11/10~2021/11/13
  • アブダビGC(ドバイ/UAE)



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!