ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

藍、さくらが共に“満足”のフィニッシュ!

オーストラリアのロイヤルパインズリゾートで開催されている、欧州女子ツアー「ANZマスターズレディース」の最終ラウンド。この日も連日の晴天に恵まれ、朝から強い風が吹くコンディションとなった。

通算3アンダーの30位タイからスタートした横峯さくらは、この日6バーディ、2ボギーとスコアを伸ばし、通算7アンダーの9位タイでフィニッシュ。「結果には満足です。今日が一番ショットが安定していましたね」と、自身も納得のラウンドで大会を終えている。

宮里藍は「今日はガマンの1日でした」と振り返りながらも、この日2バーディ、1ボギーとスコアを1つ伸ばす。通算6アンダーの14位タイと順位は1つ落としたものの、「朝からドライバーが振れていましたし、良いフィーリングのままで終われて満足です」と、不安要素であったドライバーの矯正に大きな収穫を得たようだ。

また、日本人選手として3人目の予選通過を果たしていた櫻井有希は、この日パープレーで回り、通算1アンダーの44位タイ。2週連続優勝と大会2連覇がかかっていたカリー・ウェブ(オーストラリア)は、通算10アンダーの単独5位どまり。ローラ・デービース(イングランド)は通算8アンダーの単独8位で終えた。

通算13アンダーで優勝を飾ったのは、イングランド出身のリサ・ホール。最終ホールに辛ヒョンジュ(韓国)がプレーオフがかかった短いパーパットを外し、勝利を手にした。

*欧州女子ツアー(LET)とオーストラリア女子ツアーの共催(ALPG)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。