ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ハイタッチは封印 イ・ボミ「とても気をつけて行動した」

2020/05/17 07:57


◇韓国女子◇KLPGA選手権 3日目(16日)◇レイクウッド(韓国)◇6540yd(パー72)

世界に先駆けて再開した韓国ツアーで、日本ツアー賞金女王(2015、16年)のイ・ボミは「73」とし、通算5オーバーの97位。70位タイまでが進出できる最終ラウンドには残れなかったが、新型コロナウイルス感染防止対策が徹底された無観客試合で約5カ月ぶりにプレーした。

<< 下に続く >>

前年12月の日本ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」以来となる実戦。大会は米国、日本、オーストラリア、カナダなどで急きょ放送され、大会は世界から注目された。初めてプレーしたコースに「アンジュレーションがあり、風も吹いていますし、グリーンの傾斜も多く、ショットは狙ったところに行かず、ミスショットが多かったですね」と苦戦した。

『コロナ克服、大韓民国ファイト』をスローガンに掲げ、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)が促した感染防止対策を選手、関係者も徹底したという。プレー中は義務付けらなかったが、イはコース内でも「選手が集まる」練習グリーンでは必ずマスクを着用した。毎日の検温を欠かさず、ラウンド後はハイタッチの代わりに肘を合わせた。

KLPGAは各所に赤外線サーモグラフィーや消毒機器を設置。ソーシャルディスタンスを保つよう求め、開幕前には49ページに及ぶガイドラインを作成した。コース付近にあるPCR検査場を事前に周知し、競技委員にはマスクとビニール手袋を着用させた。練習場は一打席ごと間隔を開け、食事も縦に机を並べ可能な限り接触を避けた。

イは「選手たちは対策を理解し、とても気をつけて行動していました」と現場の状況を説明。「みんなが感染しないように対策が徹底されていましたが、不便な部分は特にありませんでした」と振り返った。

関係者によれば、韓国ツアーは今大会を参考に今後の試合運営を判断するという。日本ツアーは18試合の中止が決まり、再開は早くても6月25日からの「アース・モンダミンカップ」(千葉・カメリアヒルズCC)となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!