ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

室田淳が2日間首位をキープ!青木功も単独6位で決勝ラウンドへ

熊本県のくまもと中央カントリークラブで行われている、第17回「日本シニアオープンゴルフ選手権競技」の2日目。初日に6アンダーで単独首位に立った室田淳が、この日も4ストロークスコアを伸ばし通算10アンダーで首位の座をキープしている。

10番パー5からスタートした室田は、このホールで2日続けてバーディを奪った。初日はノーボギーでラウンドだったが、この日は13番で唯一のボギーを叩いてしまう。その後は2つのバーディと1番パー5でのイーグルでスコアを伸ばすことに成功した。

<< 下に続く >>

首位と4打差の6アンダー単独2位は高橋勝成、5アンダー単独3位は飯合肇。4アンダー4位には大塚敏彦と吉村金八が並んでいる。そして3アンダーの単独6位に青木功が浮上してきた。初日イーブンパーの11位につけた青木は、4バーディ、1ボギーの「69」で上位に食い込んできた。

室田のライバルとして注目される中嶋常幸は、1アンダー5位タイからスタートしたが、この日はバーディを4つ奪ったが、ボギーが3つにダブルボギーが1つと安定感に欠け、通算イーブンパーの19位タイに後退している。

予選2日間を終え、通算6オーバー、59位タイまでの65人が決勝ラウンド進出を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!