ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米シニアオープン選手権
期間:07/28〜07/31 インバーネスクラブ(オハイオ州)

O.ブラウンがメジャー制覇! 室田淳は17位タイ

オハイオ州のインバーネスクラブで開催された、米国チャンピオンズツアーのメジャー第4戦「全米シニアオープン選手権」の最終日。単独首位からスタートしたオリン・ブラウンが通算15アンダーで逃げ切り勝利。シニア参戦3年目にして、チャンピオンズツアー初タイトルをメジャーで飾った。

3日目を終えて2ストロークのリードをつけたとはいえ、同じ最終組で追うは「マスターズ」と「全英オープン」のタイトルを持つ百戦錬磨のマーク・オメーラ。前半9ホールを終えて14アンダーで並ばれ、その後も均衡は崩れず「マッチプレーの状況になるだろう」と覚悟を決めたという。

だが、先にオメーラが13番でボギーを叩きリードを奪い返すと、ブラウンは勝負のバックナインでスコアを落とすことなくパーを重ね、最終18番をバーディフィニッシュ。最終的にはオメーラに3打差をつけ、ビッグタイトルを獲得した。

オメーラは通算12アンダーの単独2位。通算11アンダーの単独3位にマーク・カルカベッキアが続いた。日本勢で決勝ラウンドに残った室田淳は、5バーディ、4ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容で1ストローク落としながらも、通算3アンダーの17位タイに浮上。29位タイでスタートした湯原信光は、終盤に3連続ボギーをたたくなど通算2オーバーの42位タイで4日間の戦いを終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 全米シニアオープン選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。