ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

「全英オープン」に向けて3つの準備方法

パドレイグ・ハリントンは、2007年に続いて「スコットランド・オープン」ではなく、「アイルランドPGA選手権」に出場する。ハリントンは、2007年祖国での大会でつけた勢いをカーヌスティまで保ち、見事「全英オープン」で優勝している。

「全英オープン」に向けて3つの準備方法をゴルフチャンネルのテッド・トゥリーバに聞いた。

■ 「バークレイズ・スコットランド・オープン」に出ること

■パドレグ・ハリントンのように「アイルランドPGA選手権」に出場すること
タイガー・ウッズが過去に行なったように、イギリスのリンクス・コースで練習すること

「“アイルランドPGA選手権”に出場するのが最も理想的だと思いますが、それがダメなら3番目でしょうね。“全英オープン”で優勝を目指すなら、様々なリンクス・コースでプレーし、風の中や難しいライからのショット、そして、転がして寄せるアプローチに慣れるべきです」。

フィル・ミケルソンが「スコットランド・オープン」に出るほか、ロイヤル・バークデールで練習ラウンドを3回行っていることについて

「メジャーへの調整法を知り尽くしたミケルソンらしく、素晴らしいと思います。しかし、アメリカでボールを上げて寄せるアプローチで成功を収めているミケルソンは、転がすショットもマスターしないといけません。また、ミケルソンのティー・ショットは弾道が高めなので、低い球に変えることも必要です」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 The Barclaysスコットランドオープン




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。